北アルプスで見つけた意外なモノ

こんにちは!

アールプラスハウス守谷・柏

インテリアコーディネーターの新井です。

 

 

最近お打合せさせて頂いたお客様で

「登山が趣味です!」といったご家族が

2組もいらっしゃいました。

 

 

 

実は私も山登りが大好きで、

休日を利用して、様々な山に出かけております。

 

つい先週には、

北アルプスにある「燕岳」という山に

1泊2日で登って参りました

 

 

北アルプスに登るのは初めて。

燕岳は標高2763m

このくらいの高さになると、今の季節でも

気温は一桁なんです。

山小屋ではストーブを焚いているくらい寒いんですよ。

 

 

 

そして燕岳の醍醐味!!

なんと途中にある山小屋で、

スイカ🍉が食べられるんです^^

 

 

これがまた最高!

汗だくの身体に、スイカの甘さと水分が染みわたります・・・

 

 

 

 

そして、山頂付近で

視界が開けた瞬間の感動。

左奥に見える、

先が尖っている山が「槍ヶ岳」。

険しい山として有名です。

右奥が、燕岳の山頂です。

まるで雲の上を歩いているかのような、

不思議な感覚になります。

 

 

登山者の中には、小さなお子様と一緒に登られている方も。

燕岳は 比較的初心者向けの山なので、

ご家族皆様で登るのもとてもおすすめですよ。

 

 

 

 

 

 

さて、その日は山頂付近の山小屋で1泊したのですが、

外のキャンプサイトにて、気になるものを見つけました。

 

 

ん?

なんだか見たことがあるような・・・

 

 

 

なんと、

柏のモデルハウスにあるものにそっくり!

 

 

こちらは、「ガビオン」といって、

通称「蛇篭(じゃかご)」と呼ばれるものです。

 

鉄線で編んだ長いかごに、砕石を詰め込んでおります。

 

本来、燕岳の写真のように、

斜面の補強河川の護岸として使われているのですが、

最近では、お家の外構工事の中に取り入れる事例が多く見られます。

 

 

 

柏のモデルハウスでは、エントランスに設けることで

建物の木や 芝生の緑を引き立てる効果も。

 

 

高めに石を積み、

表札や照明器具を取り付けて

門柱のように使用するのも、素敵ですね。

 

 

また、敢えて低めに作り、

その上にウッドデッキ材のような木板をのせることで、

ベンチとして使用することもできます。

 

 

お子様と一緒に腰かけながら、

お庭に植えた植物を眺める休日。

 

想像するだけでほっこりしてきますね。

 

 

 

こちらのガビオンは、

石の積み方によって、仕上がりのキレイさが大きく変わってきます。

 

ただ積み上げるだけですと、

見た目はもちろんですが、

崩れやすく、安定しない仕上がりになってしまうので、

要注意です。

 

私たちがご提案する

GARDENS GARDENでは、

施工方法の細部までこだわって、

しっかりとした、素敵なものを作らせて頂いております。

 

 

まずは、私たちのガビオンが

どんな仕上がりで、どんなに素敵なのか、

お客様ご自身の目で確かめてみてください。

 

そこから一緒に

素敵なGARDENプランを作っていきましょう!

 

 

 

 

 

今日のブログは、

山登り日記みたいな記事になってしまいましたが・・・

まだまだ今年も登る予定です!

登山が好きな方、アウトドアに興味のある方は

ぜひ一緒にお話しましょうね!^^

 

 

 

では。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ