個性が垣間見える外観

こんにちは、R+(アールプラス)守谷、柏 技術部 吉留です

 

本日は、処暑です

「処暑(しょしょ)」は、二十四節気の一つで第14番目にあたる。現在広まっている定気法では太陽黄経が150度のときで8月23日頃。

立秋」(8月7日頃)と「白露」(9月8日頃)の中間にあたる。期間としての意味もあり、この日から、次の節気の「白露」前日までである。

西洋占星術では、「処暑」が処女宮(おとめ座)の始まり。

暑さが止むという意味から「処暑」といわれ、厳しい暑さが峠を越して、落ち着く頃である。

昼間はまだ残暑が厳しい地方もあるが、朝夕には涼しい風が吹き始めます

 

今週は、説明の通り涼しい日が続いて過ごしやすいです

現場では、気温は下がったけど湿度が多いので「熱中症」に注意するよう呼び掛けています

 

今回は、建物完成が続きましたので、外観をいくつかご紹介します

 

物件①

こちらの建物は、先日お引渡しを行いました

写真ではわかり辛いですが、建物の3面をR+house オリジナルの「ミナモ」のブラックで

仕上げています

他では真似できない漆黒の光沢が素晴らしい!

正面は、ガルバニウム鋼板のサイディング縦張りで7mの一枚モノで仕上げました

アクセントに板張りで、斜め袖壁

建築家のこだわりが随所に現われる建物です

 

物件②

こちらの建物は、外壁の工事が終わり足場解体のビフォーアフターです

外壁は、乾式工法で「ジョリパット」吹付で仕上げました

セメント版を貼り、継ぎ目の目地を埋めてから吹き付けていますので、

一枚の板で貼ってある様に見えます

中も仕上げ工事中ですが、来月にはお引渡し予定の建物です

 

物件③

こちらの物件は、内装工事も終わり 外部給排水の工事中の写真です

黒のガルバリウム鋼板をメインに アクセントは、「ベルアート」小粒吹付仕上げホワイトを

前後につけてモノトーンに仕上がりました

こちらも長尺ガルスパンで 正面からのスッキリ感が良い感じに仕上がりました

今月お引渡し予定です

 

どの建物にも、お施主様と建築家の先生のこだわりが見えてきます

個性(好み)を生かした R+houseの家づくりです

 

技術部 吉留でした

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ