てんきのこ

 

こんにちは!

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏 技術部 吉留です

 

毎日 暑い日が 続いています

現場では 熱中症に注意しながら 作業が進んでいます

本日 8月8日は、二十四節気の「立秋」です

立春からちょうど半年が経過し、今日から立冬の前日までが秋。

暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく1年で最も気温が高くなる時期です。

 

昨日、家族で 話題の映画「天気の子」を見てきました

ネタバレになるので詳しくは書きません( ^^)

 

 

さて、現場のはなしを少し

先日、完成間近の物件で太陽光パネルの設置工事を行いました

この物件は、LIXILーTEPCOの事業で、10年間 昼間使用分を除いて売電した分を

設置費用にあてて、その後は設置物件所有者に所有権が移行するシステムで

よく聞く 「実質 無料設置」に該当します

適用には 条件が有ります

昼間の電気代が無料(晴れている昼間で発電量が使用電量以下の場合)という

メリットが有ります

太陽光発電は、災害時 受電出来ない場合 非常用のコンセントが使用できます

(晴れている昼間で発電量以下での使用)

携帯の充電やTV、照明等 昼間の停電時に使用できるのは未設置の住宅と比較して

非常に有利です

 

今までのお話で頻繁に「昼間の」と出てきますが、フルに活用したい場合には

蓄電池を使用すると「昼間の」が消えます(*^^)

 

災害時に役立つ住宅設備として 「エコキュート」があります

エコキュートのタンク内には 約370Lのお湯が蓄えられています

飲み水としては使用できませんが、「トイレの水を流す」「手を洗う」「体を拭く」

等々 使用範囲は広いです

 

飲用水の確保として我が家では、ウォーターサーバーのボトルを余分にストックしています

1パック 約12Lですので パックが1個あれば3人で3.5日分ほどを賄えます

 

普段使用できる防災が推奨されています

各ご家庭で、防災を考えてみてはいかがでしょうか?

 

技術部 吉留でした

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ