.。.:*・゜☆後悔しない家づくりのために☆゚・*:.。Part2

こんにちは☆

R+house(アールプラスハウス)守谷(柏)の

CADオペレーターの佐藤です!!

子供たちの夏休みまでカウントダウン!

末娘の幼稚園では、集金の関係で

早めに給食がストップ!

今週は、昨日から三日間連続で

お弁当持参なので大変です。

↑今日のお弁当です。娘は完食してくれたかな?

 

 

さて、今回は、前回のブログで予告した

(お読みいただけていない方はコチラ

私の体験談の続きです!

我が家のこうすればよかった!

Best5【付けなくて後悔編】

 

①2階のベランダの窓にシャッター

当初、営業さんからは2階には

シャッター要りませんよと

言われつけていませんでした。

でも、ご近所で2階から侵入する泥棒が

入ったことで、後から防犯のため付けました。

後からの設置の為、シャッターを

そのまま取り付けることが寸法上できず、

シャッターの一部を切り落としてもらうなど

追加工も必要でした。

ですが、付けてからは暴風雨の時には

音を防いでくれるなどとても便利。

地味に、窓ガラスも汚れなくて

お掃除が楽になったメリットもついてきました。

初めからつけておくべき装備でした。

 

ですが!!!

こちらの写真を撮るために

ベランダに出て、スマホでパシャ!

よし!ブログの準備完了!

さて中に入ってお昼ゴハンでも

た〜べようっと思ったら、

アレ?!

シャッターが上がらないーーーーー!!!

なんと下まで降ろしてしまったので

中からロックがかかってしまったのです!!

ガーン…どうしよう!とパニック状態で

昨日の久しぶりの強い日差しの中、

ベランダに約二時間、いましたw

あの手この手を試した結果、

最後の手段で、合鍵を持っている

実家の両親に開けてもらい

一件落着ですw

防犯上、外からは開けられないので、

シャッター掃除などの際には

注意が必要です!w

 

②玄関の全身映る姿見(鏡) 

主人は要らないって言ってたけど、

やっぱり女性は出かける時の

最終身だしなみチェックで

全身映る姿見は必要ですよね。

置き型の立てかけるタイプや

壁付けも検討しましたが、

我が家はシューズボックスの扉に

姿見がついているタイプを見て、

後からシューズボックスの扉を

丸ごと交換するという事を購入後に実施。

なので元々ついていた扉分のお金が無駄に(泣)

ですが、付けてからは私はもちろんw、

娘がしょっちゅうポージングしながら

使っていますw

女心の分からない主人はいまだに

要らないと思っているようですが(笑)

 

③ 北側の外構用人感センサ付きライト
我が家の北側には

軒下に自転車を停めています。

センサライトが無いので夜はまっくら。

暗い中ゴソゴソしているとお隣さんも

びっくりしてしまうだろうということで、

後付けで人感センサ付きライトを

購入しましたが、電源コードが

だらしなくだらんと垂れていて

見栄えがよろしくありません。

最初から施工しておけば、

コードも壁の中でスッキリです。

 

④ダウンライト
個人的意見ですが、

後から追加できないので多めに。

こちらは、建築家やインテリアコーディネーターに

ご相談ください(^^)

明るすぎたら暗くすることは出来ますが、

暗いからと後からダウンライトを

増やすってことは無理なので。

特に暗くなりがちな洗面所には多めに。

20代、30代では視力も良いので

多少暗くてもお化粧時に問題ないのですが、

40代に突入すると「あれ?電球古くなった?」と

錯覚するぐらい見えにくくなりますw

身体の衰えは避けては通れませんので、

ご自分のお父様やお母様が40代、50代の頃

よく嘆いていたことを思い出してみると、

住みよい家のアイデアが出てくると思いますよ。

 

⑤通風を考えた窓の配置

これは我が家は建てた後に気づいた事なのですが、

外の空気が綺麗に家の中を抜けて通すには、

空気が真っすぐ通れるような直線の

位置に窓を設置する必要があります。

そうすると、夏でもエアコン要らずの

気持ちい風が通ります。

ちなみに我が家はそんなことを考えずに

設計したので窓をたくさん開けているのに

何故か部屋の中はどんより。

主人の実家はリビングから

一直線に伸びた先に窓があるため、

気持ちいいほど風が通ります。

採光だけでなく風の通り道という

観点から窓の位置を決めると

良いと思います。

 

以上、我が家の後悔・失敗談でした。

 

弊社住宅なら、こういった点も抜かりなく

設計してくれるのでご安心ください(^o^)

快適なお家の実現が可能です!

どうぞお気軽に

お問い合わせください♪

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ