地鎮祭について

こんにちは、R+house(アールプラスハウス)守谷(柏)の長妻です!

今回は、先日私が参加させて頂きました、地鎮祭(じちんさい)について書かせて頂こうと思います。

 

まずは、そもそも地鎮祭とは何なのか?という所から、説明させて頂きたいと思います。

 

地鎮祭(別名 とこしずめのまつり)とは、これから新しく建物を建てる為に、その土地の神様に建物を建てることのお許しを貰い、そして、工事が安全に進むことを祈願して行う儀式のことです。

 

ですので、安全祈願祭などと呼ばれたりもします。

 

 

日本には、古くからそれぞれの土地には産神様(うぶがみさま)と呼ばれる神様がおられ、この神様へのご報告を怠ると災いが起きると信じられてきておりました。

 

最も古い祭典の記録として、持統天皇が藤原京を遷都する際にも行われていたようです。

 

それが今もなお、風習として広く受け継がれていることを考えると、それだけ重要なことなのだと改めて感じます。

 

次に、地鎮祭の流れについて説明させて頂きます。

 

準備としまして、土地の中央に祭場を作り、奉献のお酒やお供え物などをお供えします。更に、その祭場の横に忌砂と呼ばれる砂山を作ります。

この準備を神主様指導の下、私もお手伝いさせて頂きました。

 

こちらが、地鎮祭の祭場の写真です。

 

準備も無事に終わり、お施主様もご参列されましたのでいよいよ地鎮祭のスタートです。

地鎮祭は全部で11の項目に基づいて行われました。

 

① 修祓の儀(しゅばつのぎ)

これは、参加者やお供え物のお祓いをする儀式です。

② 降神の儀(こうしんのぎ)

これは、祭壇にその土地の神様を迎える儀式です。

③ 献饌の儀(けんせんのぎ)

これは、神様がお供え物を召し上がる儀式です。

④ 祝詞奏上(のりとそうじょう)

これは、神様に対して、建物を建てる旨を告げ、以後の工事の安全を祈願する儀式です。

⑤ 四方祓い(しほうはらい)

これは、建物の中央と四隅に酒や米や塩や白紙を撒いて清める儀式です。

⑥ 地鎮の儀(じちんのぎ)

これは、設計者が忌砂の上の草を刈り、お施主様が忌砂に鍬入れを行い、施工者が鋤入れを行う儀式です。

⑦ 鎮物埋納(しずめものまいのう)

これは、土地の神様へのお供え物を土の中に埋める儀式です。

⑧ 玉串拝礼(たまぐしはいれい)
これは、神前に玉串と呼ばれる榊の葉をお供えし、祈願する儀式です。

⑨ 撤饌の儀(てっせんのぎ)

これは、お供えしたものを下げる儀式です。

⑩ 昇神の儀(しょうしんのぎ)

これは、お迎えした神様をお送りする儀式です。

⑪ 直会の儀(なおらいのぎ)

これは、神様にお供えした神酒を頂き、神様のお力を頂く儀式です。

 

直会の儀により、お施主様や工事の成功を祈願し地鎮祭が終了となります。

 

私は、地鎮の儀において鎌入れを行わせて頂き、お施主様はご家族みんなで鍬入れを行いました。

 

家族みんなでの共同作業とあってか、お施主様も楽しそうにされておりました。

 

当日は、あいにくの雨模様でしたが、「雨降って地固まる」という言葉があるように地鎮祭の日としては逆に良い日であったので、お施主様も無事に終えることが出来、お喜びになって頂けたので非常に良かったのではないかと感じました。

 

これから、本格的に工事が始まり、建物が完成する日が楽しみです。

 

 

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

ウェルハウジングからお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
職人紹介
施工事例
採用情報
Topへ