お家の仕上がりをCHECK!

こんにちは。

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏

インテリアコーディネーターの新井です。

 

 

 

今週は、

完成現場の仕上がりチェックで流山へ^^

 

 

 

外観のメインとなっている板張りが

とても鮮やかですね^^

濃淡がしっかりと出るレッドシダーは

温もりがあるだけでなく、

お家の雰囲気をぐっと引き締めてくれます。

 

 

 

こちらのお家では、

「アカシア」といった種類の床材を使用しています。

 

モデルハウスでも使用しているため、

「かっこいい!」と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

ウェルハウジングでは、標準仕様として

無垢の床材を採用しております。

アカシア以外にも、表情の異なる無垢材がございますので、

モデルハウスで好みのものを探すのもとても楽しいですよ!

 

 

 

 

また、こちらのお家では

アーチ状の壁がポイントとなっています。

建築家の先生は、

お家の下がり壁ひとつひとつにも

こだわりを持ってご提案致します。

 

 

奥には板の間もあり、

優しい光のダウンライトで

柔らかく照らされていますね。

 

畳コーナーに入るたびに

ワクワクしそうです。

 

 

 

 

また、大きな吹抜けも

素敵なポイントのひとつです。

 

 

「お家づくりで憧れるものは?」

と聞かれて、

「大きな吹抜け!」

と答える方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、

「吹抜けを作ると、エアコンで温めた空気が

上に行ってしまうのではないか・・・」

 

そう不安に感じる方も

多いのではないかと思います。

 

 

ウェルハウジングのお家は、

気密・断熱・換気など、お家の性能にもしっかりこだわっているので、

吹抜けを作ったからといって

1階が冷えてしまう心配はございません。

 

私自身、末端冷え性ではありますが、

冬場に展示場にいて

寒いと感じたことは一度もありませんでした。

 

 

吹抜けを作ることで、

より明るく、開放感のある空間に

仕上がりそうですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場のチェックと同時に、

完成に向けて 仕上げの作業も行います。

 

玄関に取り付けたピクチャーレールも

監督がフックを設置して完成です。

 

細かいところではありますが、

引っ越しをしてからすぐに使えるように

現場の仕上げも欠かせません。

 

 

 

 

 

こちらの造作洗面台のミラーも、

監督が工具セットを用いて

取付を行いました。

 

 

配管のチェックまで

抜けのないようにしっかり行います。

 

 

 

また、今回は

図面の細かい修正を手掛けた

CADオペレーターも一緒に

現場をチェックしました。

 

普段は電気図を作成したりで

事務所から出ることは少ないのですが、

実際に現場を見ることで、

より図面に起こした際のイメージがしやすくなります。

 

 

 

 

このように、

見えないところでも

たくさんのスタッフが携わって

やっとひとつの現場が完成します。

 

それぞれ役割は異なりますが、

スタッフ全員が同じ気持ちで

完成を楽しみにしております^^

 

そして、誰よりも完成を楽しみにしている

全てのお施主様が、

これからもっともっと

素敵な暮らしができますようにと

願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、今回ご紹介させていただいた現場は、

完成現場見学会を行う予定です。

 

 

 

とても素敵なお家に仕上がっております^^

 

詳細はスタッフまで

お問合せください!

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ