梅雨の合間に

『こんにちは、R+house(アールプラスハウス)守谷(柏)技術部 市川です!』

梅雨ジメジメのこの時期天気とにらめっこの毎日です。

昨日、大リーグの大谷選手がサイクルヒットを達成のニュースが出ました。

野球好きの私にとっては、さわやかなニュースでした。

そんな梅雨の時期、外仕事のスケジュールは悩まされます。

今日は、工事現場の一コマを紹介します。

現在基礎工事を行っております。

こちらは『遣り方(丁張)』と言い建物の位置と高さを決めていきます。

一番最初の大事な作業ですね。

位置を決めた後、重機による土工事が始まります。

バックホー※現場ではユンボなど言われます。

他にも土を掘るシャベルを『ケンスコ』とか土を運ぶ一輪車を『ねこ』

とか現場用語ですね!

規定の高さに掘削し、既定の砕石を敷き詰めていきます。

砕石をランマーという機械にて転圧後、防湿シートを敷き詰め配筋工事に入ります。

構造計算された図面をもとに鉄筋を組み上げていきます。

このような工程を雨の合間に作業する職方さんとの

打合せをして進めていきます。

本日も雨ですが、昨日までに鉄筋も組みあがり配筋の検査を迎えます。

来週月曜日コンクリートの打設予定。予報では晴れる予定です。

天気の状況で工事が遅れがちの外工事ですが、天気予報とにらめっこしながら、

工事を進めてまいります。

最後にコンクリートを打設し、基礎完成です。木材の土台・柱との連結するボルトが

構造計算を元に現地で確認しながら施工していきます。

何事にも基礎が大事!現場レポート基礎編。

技術部 市川でした。

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ