現場で

こんにちは R+house守谷 技術部 吉留です

 

本日、6月11日は 雑季上 「入梅」です

 

という事で いよいよ本格的な梅雨となりました

雨が続くと、外の工事が進まない状態が続きます

梅雨の晴れ間を縫って、少しづつ工事を進めていますが

なかなか予定通りに進まない そんな季節です( ;∀;)

 

 

 

今回は、雨とはあまり関係ありませんが、前々回の続きで断熱についてです

 

R+houseは、ご存じ?の通り 全棟高気密高断熱 住宅です

前回は、壁の断熱についてお話ししましたが

見てない方は👉(壁断熱のお話)

 

今回は、基礎断熱と屋根の断熱についてお話ししたいと思います

 

まず 基礎断熱です

基礎の立ち上がり部分と外壁側から90cmまでの土間(床)に断熱材を

現場発泡ウレタンを吹付します

厚さは、50mm以上なんですが、測ってみると60mm~80mm有ります

ぴったりの厚さでとめられないんです!(^^)!

 

 

こちら👆は、ユニットバスが入る場所です

 

次に 屋根断熱です

天井みたいになっていますが、断熱材です(*^_^*)

屋根の断熱は、20cm吹いています

基礎、壁 両方現場で2液を混ぜながら吹き付けて その後 発泡して固まります

文字で説明すると 解り辛いので下記の動画でご確認下さいね

断熱について簡単に説明してみました

 

現場で発泡して吹き付けるので、建物の形状にかかわらずピッタリ隙間なく密着するので

高気密で高断熱が実現できています

 

間近で膨らむ様子を見てみたい方は

R+house守谷 R+house柏展示場 R+house守谷モデルハウス 

へぜひご来場ください

 

 

 

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

ウェルハウジングからお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
職人紹介
施工事例
採用情報
Topへ