暑さに負けない・・・

こんにちは。R+house(アールプラスハウス)守谷・柏、住宅アドバイザーの鹿野です。

本日は大変な猛暑となりました!

関東では30℃超え。

大分県ではなんと35℃・・・。どうりで暑いわけです。

 

こんな日は家がどうなっているか不安です。

太陽の光を十分に浴びたお家・・・。

家の中の温度はどうなっているのやら・・・。

これからエアコンを利用する機会が増えるため、光熱費が増える・・・。

 

そういえば・・・、電気代って一生払い続けるんですよね。

住宅ローン35年 < 電気代 生涯○○年(40年?50年??)

どうしたら電気代を抑えられるかなぁ・・・。

その答えは「後悔しないための賢い家づくり勉強会」でお聞きできるかと思います!

ご参考までに

日時:6/9(日) 14:00~16:30 

場所:Kコンサルティング セミナールーム  柏市柏4-5-10 サンプラザビル1F

 

さて、今日は皆様が憧れる家づくりのパーツ「ウッドデッキ」についてです。

 

「ウッドデッキ」を設置するとしたら、どのような使い方をしたいですか?

いいなぁ。こんなお家に住めたら・・・。

 

 

 

ウッドデッキの素材は大きく2つに分類されます。

・天然素材

・人工素材

 

天然素材とは自然にある材料を用いたもの(木製)

人工素材とは樹脂と木粉を混ぜた材料を用いたもの(人工木)

になります。

 

天然素材はさらに「ハード」と「ソフト」に分類されます。

【ハード系】

ウリン、サイプレス、イペ、イタウバ、セランガンバツなど

【ソフト系】

レッドシダーなど

 

代表的な材料として今回は4つの素材に注目してみました。

◆ウリン

別名:アイアンロッド(鉄の木)

産地:インドネシア、マレーシア

「アイアンロッド」・・・。この響きだけで、かっこいいですよね!

腐らない木の異名でもあります。

シロアリへの耐性も強く、ディズニシーのウッドデッキにも利用されているそうです。

 

◆イペ

別名:コガネノウゼン、キバナノウゼン

産地:南米(主にブラジル)

3月末から黄色い大きな花を咲かせます。

英名で「ゴールデン・トランペット・ツリー(Golden Trumpet Tree)」だそうです。

確かに右側の写真、よく見るとトランペットに見える・・・。

この鮮やかな黄色と産地ブラジル。サッカーワールドカップを思い出してみてください。

ブラジル代表のユニフォーム。そうです、黄色です。イペの花の色からとったと言われています。

 

◆イタウバ

別名:タウブジャオヌ

産地:南米(主にブラジル)

耐久性、耐水性に優れています。ヨーロッパでも愛用されており、造船やデッキに利用されてます。

ハード系の中では比較的柔らかい方です。

 

◆セランガンバツ

別名:イエローバラウ

産地:インドネシア、マレーシア

マレーシアでは「バンキライ」と呼ばれております。

寸法安定性が良く、コスパも良いため、年々需要が増えています。

 

以上のようにウッドデッキの種類も様々です。

どれを選んでいいの解らない・・・、どういう風に設置したらカッコよくみえるかな・・・など、

何でもご相談ください。

素敵な家づくりのお手伝いを致します。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ