初夏

こんにちは、R+house (アールプラスハウス) 守谷(柏)技術部の市川です!!

日差しが強くなってきながらも、さわやかな風が吹くと外にいても気持ちいい時期になりました。

この時期、私の住まいの方では、風物詩の景色と音色が広がります。

水の入った田んぼとカエルさんの合唱です♪

これから暑くなる時期とジメジメする時期がやって来るなとあらためて実感します。

昨今温暖化の影響もあって平均気温が上がり、特に熱中症対策などお子様や家族にと、

皆さん気を付けていく時期かと思います。家の中も気を付けなくてはなりません。

お住まいも快適な空間を作るために熱対策もしなくてはなりません。

断熱材がしっかりしていれば大丈夫と思われがちですが、R+houseでは、+した家作りとして

外部壁の中に『デュポンタイベックシルバー』を採用しております。

当社の外部の施工風景です。(仕上げ材の前の工程です)

よく白っぽいものが貼られている所を見られる現場を見た方はいらしゃるかと思いますが、

当社のはシルバー色をしています。断熱性能が良くても真夏になると外部から熱をため込み

それ自身が熱源となって室内に熱を放射し始めます。これが夏の暑さの原因にもなる

輻射熱(ふくしゃねつ)です。輻射熱を室内に放射する前に熱をはね返す(=遮熱)!

快適性のために3つの熱対策の一つです。断熱⁺気密⁺遮熱(遮熱住宅)

タイベックシルバーが躯体や断熱材に熱が伝わる前に輻射熱を反射して温度の上昇を抑えます。

でも遮熱すると冬寒いんじゃないの?て思うかもしれませんが、冬は魔法瓶のように熱が外に

逃げるのを防いでくれます。夏涼しく冬暖かく一年中快適なんです!!

1℃エアコンの温度を抑えるだけで電気使用量も減り、CO2 排出量も年間約31.3kg削減できます。

家計にも地球にも優しい家作りをR+houseでは心掛けています。

まずはモデルハウスにて体感にきてください。百聞は一体験にしかず!!

ぜひご来店お待ちしております。

この夏自分自身の遮熱対策考案中 技術部市川でした。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ