インテリアの打ち合わせ①🛋

こんにちは!

R+house沼南店の田中です!!

 

私のお家づくりシリーズでは建築家の先生の部は終わり、

次はインテリアの打ち合わせになりました。

私の家を引き受けてくださったのは、ICチーフの内田さんです♪

staff紹介をぜひご覧ください(^^)

 

本日は、どんな感じで打ち合わせをしていくのか少しご紹介します!

 

1回目は建築家の先生と同じようにヒアリングをしてもらいます。

ヒアリングの内容を簡単にご紹介しますね!!

 

まず、カラースキームを元にどんな色の組み合わせが好きかを聞いてくださいます。

カラースキームというのは、配色のベースです!!

例えば、広告などを作る時に、下記のようにベースとなる色決めをします。

参照:https://www.shutterstock.com/ja/blog/101-free-color-combinations-design-inspiration

「この夏はビーチでゆっくり過ごすのはいかがですか?」というような広告を作る時は、このようなカラースキームを使用すると、海、ビーチ、イスなどを連想することが出来ますよね。

このベースを元に明度や彩度を少しづつ変化させて作成していくわけです。

これが広告だけでなく、お家のインテリアにも適用できるんですね!

 

例えば、インダストリアル系(工業的なテイスト)なデザインがお好きな方ですと、、、

引用:https://www.moderno-pers.com/post/interior-style

このような感じのカラースキームになります。

ただ、一口にインダストリアル系と言っても、カラースキームは上記の他にも様々あります。

 

このように色の組み合わせによってお家のベースを決めていくそうです!

 

とても面白いですよね!!

こんなに複雑なことをコーディネーターさんはやっているんですね…。

すごいです…。

 

そして、大体この感じのテイストが好き!

という大枠が決まったら、

インテリアを左右する、床決めを行いました!

私は暗めの床が好きだったのですが、

主人は明るめの床が好みらしく、、、

 

このように正反対の意見だと困りますが、

主寝室だけは濃い色にしてくれとお願いし、

ベースは「バーチ」の床に決めました。

ちなみに主寝室だけはアカシアアンバーにしました。

 

私の家は床・フロアータイル・クロス・畳といろんな素材を使用すること、

私は暗めの色が好きだけど、主人は明るめの色が好きということもあり、

とてもコーデがかなり難しいと内田さんはおっしゃっていました笑

どんなコーデになるのか建築家②の時のようにドキドキしました…

 

そんなこんなでヒアリングは終了しました。

次回は、いよいよプレゼンです!

どんな感じになったのかはまた次回お話しますね♪

 

それではよいお年を!!

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ