玄関ドアに。

こんにちは。
インテリアコーディネーターの佐藤です。

さて、クリスマスも終わり、
あっというまにお正月ですね。

お正月の準備、どんなことをされていますか?

まずは、大掃除でしょうか。
寒い中、水仕事はかなり過酷な作業ですが
ピカピカになったお家で新年を迎えたいものです。

大掃除の次は、お正月飾りの準備ですね。
こちらは楽しい時間です♪

その、お飾りを飾るタイミング。。
その辺りは、気にする方も多いのではないでしょうか。

昔は、「正月事始め」と言われる12月13日以降から
飾り始めるのが一般的だったようですが、
現在の日本では、その頃はまだまだクリスマスモード。
そのため、クリスマスの終わった12/26以降に飾るのが
主流となりました。

28日は「末広がり」を意味する「8」が付いているので
飾る日としては、とても良いとされています。
逆に、29日は「二重苦」を連想させることから
あまり縁起が良くないと言われていますし
31日も「一夜縛り・一夜飾り」と言われ、やはりNG。

28日には間に合わない!という方は
30日に飾ることを目標にしてみてくださいね。
(私は毎年、30日に飾っています。)

そんな「お飾り」。
飾る意味としては、
「年神様」をお迎えするための、まさに「飾り」です。
また、飾りに使う小物にもそれぞれ意味があります。

 たとえば、
  水引・・・人と人をつなぐ縁結び
  扇・・・末広がりの形から「繁栄」を意味する
  矢・・・魔除け、チャンスを射止める。

                       などなど

市販の物を購入して飾るご家庭も多いかと思います。
生花店やスーパーはもちろん、コンビニや100円ショップなど
どこでも気軽に買えますものね。

私も、市販の物を買いますが、それをバラして
お花屋さんで買った松や実物を組み合わせて
さらに、和紙や水引を使ってオリジナルのお飾りにします。

幸せに1年間、過ごせるようにと願いを込めて。
こんな感じで。
  ↓

ここ数年、「大王松」という、
馬のしっぽのように大きな松を1本使っています。
これ1本で、かなりサマになるのでおススメ!

玄関の飾りといえば、
クリスマスリースも飾る人が増えてきていますが、
こちらも、魔除けなど、お正月飾りと同じ意味合いで
飾るのがルーツとなっているようです。

我が家の今年のクリスマスリース。

馬蹄の形をしています。

この「馬蹄」。これもまた縁起のよい物とされており、
馬蹄をかたどったペンダントやリングなどアクセサリーも人気ですね。

調べてみたら、飾る向きによって意味が異なるようです。
U字(開いた方が上)の場合、「幸福をキャッチ」するという意味だそう。
それなら逆U字(下向きに開く)は、悪い意味なのかと思いきや・・・、
「不運を落とす」とな。

ん?どちらも結局は良い意味なのですね。なんて都合の良い話(笑)。

さて、話が少し反れましたが、
とにもかくにも、あと数日で2021年が終わります。

みなさま良いお年を!!

2022年も、
建築家と作る高性能・高機能住宅「R+house 守谷・柏・古河」をよろしくお願いします。

以上、佐藤でした。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ