どんな床がいい?

こんにちは。

R+house守谷・柏・古河のインテリアコーディネーターの富山です。

今回は皆さんがお家を建てる際に悩まれる床材の

ちょっとした豆知識をお伝えできればなーと思います。

床材といっても様々なものがあります。

フローリングや絨毯、フロアタイルなど幅広いです。

今回はその中のフローリングについて少しお話していきます。

 

フローリングの中でよく比較対象として挙げられるのが

「無垢のフローリング」と「突板のフローリング」

弊社でもこの2種類で悩まれるお客様も多くいらっしゃいます。

 

じゃあこの2種類一体「何が違うの?」かといいますと、

 

そもそも無垢材というのは

丸太から切り出した自然の状態のままの木材を指します。

無垢材は切り出したままの状態の為

品質にばらつきがどうしてもありますが

そのぶん一つ一つの木材の表情が豊かなのが特徴です。

メリットとしては

・木材本来の味が楽しめる

・家族の成長とともに経年変化が楽しめる

・冬場でも冷えにくい

デメリットとしては

・自然素材であるため膨張と収縮を繰り返す

・水に弱い

無垢材にはこのような特徴があります。

無垢材本来の表情は温かみのある空間作りや

お家と外との繋がりを作りあげていくうえでは

重要な役割を担う為

ウェルハウジングでは無垢のフローリングを標準仕様としています。

 

一方「突板」とは、

天然木から削り出された暑さ0.2㎜~0.6㎜ほどの薄い板のことであり、

突板フローリングというと、

合板やMDFといった素材に突板を貼り合わせた構造のフローリングを言います。

メリットとしては、

・自然素材ではないので変形しにくい

・品質が一定である

・人工素材のため床暖房用や重歩行用など機能性がある商品もある

デメリットとしては

・無垢材より安価である分安っぽくみえるものもある

・表面の突板が0.2㎜~0.6㎜と薄い為傷がつきやすい

などの特性があります。

 

無垢フローリング、突板フローリングの

それぞれのメリットやデメリットがあるため

ライフスタイルに合った床材選びができるよう

今後もお客様にご提案していきたいなと思います。

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ