シロアリからおうちを守る

こんにちは!
R+house守谷・柏・古河の大石です。

最悪な事が起きました。
マイホームに住み始めて6年目にしてなんと、シロアリが💦
※我が家はR+houseで建てておりません!

自分は無縁と思ってはダメだと、つくづく反省。

ちなみになぜ気が付いたか?
それは…。
蟻道を見つけたから。

初めは蟻道とは気が付かず、柱に土埃が付いてる!?くらいしか思っておらず。
触ってみると・・・
ボロボロ落ちてきて
(´Д` )
ギャー!!!
なんだこれーって思ったら、中からシロアリが出てきてビックリ💦

シロアリは
空気と光を嫌うらしい。
なので、柱の中を移動するときに、蟻道というトンネルを作って移動するそう。

すぐ、シロアリ駆除業者さんへ連絡。

床下を点検してもらった結果、発見した場所以外は問題無いとの事。

しかし、土の中を移動しながら生活しているシロアリ。
また別のシロアリがやってくるかもしれません。

シロアリ対策は必要ですね。
住宅に使用されている木材はシロアリの格好の食材となります。
特に、家を支える土台、柱といった構造材は、湿気の多い日本では特にシロアリ被害が拡大しやすいと言われています。

実際に倒壊の危険性が高い家というのは、耐震等級が低いという事よりも、シロアリや壁内結露などで腐食している家だという報告もあるそうです。

シロアリ対策はやりすぎということはないと思いました。

家の生命線は躯体です。
躯体の機能を損なうと家は脆くなります。
ひとたび防蟻を行った住宅であっても、数年以上経過している場合は、定期的な点検と工事が必要になってきます。

おうちを建てたあとも、シロアリ対策を実施してくれる会社を選ぶことがポイントです!

快適な暮らしを長く続けるために、定期点検・メンテナンスがとても大切です。
点検・メンテナンスを行うことで資産価値の向上につながります。

ウェルハウジングは大切なお住まいを、生涯に渡ってサポート!
新築のお客様には、お引渡をしてから60年に渡り、定期的な点検と計画的なメンテナンスのご提案で暮らしをサポートさせていただきます。
※家価値60年サポートについて詳しく知りたい方は、住宅アドバイザーにお問合せください!

 

シロアリから住まいを守るための、防蟻工事&防蟻保証もバッチリです◎

新築時の防蟻工事はもちろん、数年毎に点検と再防蟻工事をすることが必要です。
再防蟻工事毎に保証も延長となるため、安心です。
※保証限度額は5年保証、10年保証ともに500万円です。基礎外側断熱工法における5年目再施工時の保証は300万円です。

防蟻処理はいらない!?
いいえ。私は必要だと思いました。

R+house守谷・柏・古河
大石

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ