子供部屋っている?いらない?

こんにちは!!

R+house柏の葉モデルハウスの小幡です。

台風が過ぎ去った次の日は、空気が洗われたかのように澄んでいて

とても気持ちの良い晴れ間になる事が多いですね。

どこかに行きたくなるような季節も到来したので、

ドライブも窓全開で風を切って走ってみてはいかがでしょうか?

さて、今日は最近の子供部屋事情について。。。

やはり、お家づくりにおいて悩みは色々と出てきますが

中でも多くの方が子供部屋にをどうするか悩まれているようです。

まだ子供が小さい、子どもが増えるかもしれないから部屋数を決められない、

後数年で家を出るかもしれないなど、不確定要素が多いことがその理由ですね。

ここで、最近の子供部屋の事例を見てみましょう!!

 

こちらは3姉妹のお部屋の例ですが、子供部屋は必ずしも1人1部屋がいいとは限りません。

小さいうちはこのようにBEDを並べて眠るのも楽しい時間になりますよね♪

将来的には、家具で仕切って一人になる空間を作る事も出来ます!!

どんな子供部屋・使い方がいいのかは子供の人数、性別、年齢、教育方針などによっても違います。

ここでのポイントは仕切った後の事を考え、窓やドア、照明器具、コンセントなどは複数設けておく事お勧めします。

 

性別が違えばこのように、扉の色や照明だけ色を変えてもおもしろいですよね?!

 

次は、寝る部屋と勉強する部屋を分ける事例です。

こちらは、2階のホールに共有スペースを設けてスタディコーナーを作っています。

こんな空間なら自然に椅子に座り、親子一緒に作業出来る事も沢山ありますよね。

 

最近は、リビングの一角にスタディコーナーを作る方も多くなっています。

お母さんがご飯を作りながら、お子さんの勉強も見てあげられるのでダイニングテーブルの上が散らからずに済みます。お子様もこんなデスクなら楽しんで勉強してくれそう?(笑)ですよね。

このように、子供部屋もお子様をどのように育てたいかで作り方もだいぶ変わってきます。

そもそも、子供部屋いる?いらない?とお考えの方もいるかと思います。

なかなか、ご夫婦では考えがまとまらないとお悩みの方。

そんな時は、R+houseにご相談下さい!

大切な家族との時間を育む家づくりを、お好み、ライフスタイル、生活動線、使い勝手などを考慮しご提案致します。

まずは、お近くのモデルハウスにお越し下さい!!

ご来場お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ