熱を遮断~涼しく快適な暮らし~

皆さん、こんにちは。

R+house守谷・柏店、住宅アドバイザーの下山です。

 

本日は、久しぶりに青空が見えました!

すっかり冷えてきて秋の雰囲気がただよってきましたが、

来週の水曜日頃から、また暑さが戻ってくるようですね。

 

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、

皆様もお風邪等、召されませんようにお気を付けくださいませ。

 

さて、本日は「外付けシェード」についてご紹介をさせていただきます。

 

シェードとは?

Shade→英語で「もので遮られた日陰」のことを指します。

 

日本では昔から日よけ対策に、暖簾(のれん)やすだれを利用してきました。

外の空気を取り入れながら日差しを室内に入れないように対策をすることは暮らしを豊かにする先人たちの知恵ですね。

 

皆様もご自宅で暑い日差しが入ってくるのがストレスになり、遮光カーテンを閉め切ってしまう等という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

閉め切ると室内が暗くなり、照明をつける。照明をつけると光熱費もあがってしまうので

身体的にも精神的にもストレスになるところですよね。

 

夏の日射遮蔽という目的から、近年注目されているのが

本日ご紹介させていただく外付けシェードになります。

 

最近は車で走っていると外付けシェードを活用されているご自宅をよく見かけます。

 

LIXIさんでもご紹介されているイメージです♪

 

 

 

 

せっかく作ったウッドデッキやタイルデッキも夏は暑くてお子様が遊ぶのにも火傷しないか心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらは人工的に日陰をつくってくれるので、過ごしやすいですし、遊んでいる風景を外から見られる心配もないので安心。

まさに一石二鳥ですね。

 

しかも!

 

室内に熱を取り込まない一番効率の良い方法は、そもそも室内に熱を入れないことです。

 

室内側のカーテンは、窓から熱が入るのを防ぐという役割になるため、

実は、外付けシェード等の窓の外や外部で遮る方が効果が高いんです!

 

今のお住まいが暑いなーとお感じの皆様。

是非、外付けシェードもご検討くださいませ。

 

もちろんシェードだけではなく、窓の外側で遮蔽できるものであれば

他のモノでも有効です♪

 

ご検討くださいませ。

 

それでは

 

本日は外付けシェードについて簡単にご紹介をさせていただきました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

本日の担当は、住宅アドバイザーの下山でした。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ