田舎暮らしの良さって?

 

こんにちは。

守谷オフィス仲野です。

 

今年の夏も早くも終わりが近づきましたね。

日々生きることに精一杯で夏らしいことを何もせずに過ごしてしまい、心が季節に追い付きません・・・(笑)

 

来年の夏こそは感染症が今よりも落ち着き、

花火やお祭りなど夏らしいイベントが少しでもできるようになっていたらいいなぁと願うばかりです。

 

 

 

さて、みなさんは「田舎暮らし」というワードを聞くとどのようなイメージを持ちますか??

 

 

 

 

◯近くにコンビニやスーパー無い

 

◯不便

 

◯近所付き合いが大変そう

 

などなど

 

都会の方が好きという方からすると

ネガティブなイメージが先行すると思います。

 

 

かくいう私も都会の方が好きで、出来ることならば神奈川や千葉など便利で程よいところに住みたいと思っていました。

 

 

しかし、現在住んでいる地域は田んぼや畑などの農地が大半で高齢者が多い地域です。

 

 

そんな私がなぜ茨城の田舎でお家を建てたかというと…

 

 

 

ズバリ

 

 

 

夫の実家が近いから!!です。

 

 

夫の実家はもっと田舎の方で

どのくらい田舎かと言うと

「隣の家まで700〜800mほど離れている」といえば想像できますでしょうか??

 

 

私たちが住む場所からは車で15分程の距離にあります。

 

初めはそこでの敷地内同居を夫の両親は望んでいましたが、

 

◯お店や病院が遠いこと

◯周りに子育て世帯が少ない事

◯子供の送り迎えが必須な事

 

などの懸念があり、

せめてもう少し便利なところで…と、

現在の場所で建てることになりました。

 

 

結論から言いますと、、

 

田舎暮らし、思ったより快適

 

というところです。

 

 

 

我が家の地域は、

 

・24時間営業のドラッグストアが近くにあり

・飲食店もそこそこあり

・スーパーも車で10分圏内に何個もある

・中規模病院がある

・駅が近い

・娯楽は隣町へ(車で20分ほど)

 

=車があれば住むのには何の問題も無い!

 

と言う事です。

 

そして、都会では起こりがちな渋滞や混雑などがほとんどなく、

人が多いことで起こるストレスが少ないことも良い点でした。

 

 

 

住んで最も意外だった事は、新興住宅地と違って、新築の家が毎年あちこちで増えている事です。

新興住宅地は一気に新築が建ち並び若い子育て世帯が入居しますが、20年経ったころは子供が巣立ち少なくなる、という事になります。

しかしそうでないエリアは、古くなった家を解体し新たに新築を建てる。どんどん新しい家が増えていく。

 

人口は減少しているのでなかなかそう簡単にはなりませんが、

現在の我が家の地域ではこのパターンが結構あり新たに出来る家をワクワクしながら見ています。笑

 

 

 

 

 

お家づくりではじめに直面する「土地探し」という問題ですが、

人気の地域は値段も高く、そもそも土地が見つからない…

そんな中で気にもしていなかったエリアが意外と好条件だった、という事もあります。

 

土地との出会いは突然ですが、

住むエリアを検討したり、というのは自分でも出来ますよね。

選択肢を広げて考えてみると違ったメリットも見つかるかもしれません。

 

困ったとき、迷ったときはどんなことでも住宅アドバイザーにご相談くださいね。

 

 

それでは本日はこの辺で失礼します。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

守谷オフィス  仲野

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ