外壁のアクセントに☆.。.:*・゚木製ルーバーでオシャレな外観を.。.:*・゚☆

こんにちは!

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏・古河の

CADオペレーター佐藤です。

 

コロナウイルス感染拡大が止まりませんね。

茨城県も非常事態宣言が発令されてしまいました。

子供たちの夏休みも延び、さらにおうち時間が。。。

また我慢我慢の毎日です。

私事ですが、

本日2回目のワクチン接種に行ってきます。

副反応には個人差がありますが、

どうか軽く済みますように☆

 

さて、今回は、外壁の木製ルーバーについてです。

 

◎ルーバーの役割◎

主に「日除け」・「目隠し」などのプライバシーを

確保する為に使われますが、羽板の角度を調整することも

可能なので、光の遮断や換気の調整を行うこともできます。


(※R+house施工事例より引用)

 

外壁の木製ルーバーは、住宅の外装に使う木製の格子で、

つけることでアクセントにもなりますし、オシャレな雰囲気に

なりますね。

ルーバーを外壁に付けることで、

デザイン性だけでなく、プライバシーを保ちながら

採光や通風の確保に役立てる事ができるので、

取り入れられるお客様も多いです。

 

ルーバーには素材は色々とありますが、

木製のルーバーは、木の味わい深い特徴が出て

独特の雰囲気を作り出してくれます。

   

水平にするか垂直にするかは、

アクセントとして取り入れる際にはお好みで

良いかと思いますが、機能も兼ね備えてお考えの場合は、

デザイン性だけでなく、いかに太陽光を建物内に

入り込ませないようにするかが大切です。

 

ルーバーを取り付ける部屋に注意して、

水平・垂直、どちらのルーバーにするのかを

決定しましょう。

 

太陽が入り込む方向が南向きの場合は、

水平ルーバーが良いそうです。

太陽角度が高いので、垂直ルーバーを使うと

直射日光がルーバーの間から

差し込んでしまうので、遮光の目的が

果たせなくなってしまいます。

ルーバーを取り付けたい面の

太陽のかかり方など、

建築家や業者にご相談の上、

適したルーバーを設置してください。

 

まだまだ厳しい暑さが続きます。

コロナにも負けず、暑さにも負けず、

残りの夏を快適に過ごしましょう!!

 

では!

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ