快適な生活の為に°˖✧

こんにちは。

R+house守谷・柏・古河のインテリアコーディネーターの富山です。

 

台風の影響で暴風雨が続き、気温も少し下がり気味ですね。

気温の変化で体調も崩しやすいのでお気をつけてお過ごしください。

 

R+houseのお家では雨の日も雨音が聞こえづらいようで

「雨降ってたんだ!」

と急いで洗濯物を取り込む方もいらっしゃるようです。

さすが高気密高断熱のお家ですね。

台風のような暴風雨ではさすがに気づくと思いますが(;´∀`)

 

そんな高気密・高断熱の家の大きな役割を果たしているのが

開口部(窓・玄関ドア)です。

 

以前勤めていたリフォーム会社でも水廻りや外装工事に続いて

開口部(窓や玄関ドアなど)の改修工事が多かったように思います。

 

それくらいお家の機能の大部分を担っているのが開口部だと言えます。

冬の暖房機の熱のおおよそ5割~6割程度は開口部から

逃げるといわれるほどなので

やはり窓の役割がとても重要だと言えるでしょう。

そして以前は単板ガラスが標準であったものが

今ではペアガラス(↓)であったり、

トリプルガラス(↓)を採用しているところもあります。

ちなみにウェルハウジングではペアガラスが標準装備となっております。

ペアガラスでも十分断熱効果は得られます!!

 

もちろんリフォームでも

サッシ入れ替え工事、ガラス交換、内窓工事(2重サッシ)などといった

開口部リフォームの方法があります。

 

サッシ入れ替えは窓廻りの外壁材をカットしサッシを取り外します。

新しいサッシを取付けたら新しい外壁材を張ったり

塗装の場合は既存の外部の柄に合わせて塗装をし直します。

窓のサイズや種類によっても変わりますが2日~3日ほどかかります。

最近では外壁をいじらなくてもリフォームできるものも

ありますが見た目はスマートではありませんでした(笑)

 

ガラス交換はガラスの入れ替えですが

メーカーやガラス種によっては対応できないものもあります。

内窓取付けは金額的にも時間的にも

一番簡易的ではありますが

既存の枠の中に窓をつけるイメージなので

既存の窓の鍵と新しい内窓の鍵とで

2回鍵を開けたり閉めたりする必要があります。

 

何が言いたいかといいますと、、、

開口部のリフォームって意外と面倒なんです(笑)

 

なので新築を建てる際に取り入れられるものは

取り入れた方が私はいいなと感じます。

また、私の実家も約3年前

居室すべての窓を入れ替えたり内窓工事をしましたが

結露の軽減やエアコンの効き具合などかなり変化がありました。

金額も相当かかっていましたが(´;ω;`)

 

それくらい開口部が果たす役割は大きいと思うので

窓や玄関ドアは新築を建てる際に重要視すべきだなと思います。

住宅をお持ちの方も、これからの方も

今一度我が家の窓や玄関ドアについて確認してみてくださいな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ