我が家の小さな後悔〜Part2〜

こんにちは。
R+house 守谷・柏・古河の大石です。

 

オリンピック!盛り上がっていますね!
昨日のサッカー⚽️
強豪国フランスに前半から2-0と日本リード、結果は4-0と素晴らしい結果を残してくれました!
酒井選手のイエローカードは残念ですが、久保選手3戦連続凄すぎます!
息子がサッカースクールに通っているので、2人でTVの前で大興奮でした!

 

さてさてそろそろ本題に。
最近は連日30℃超えで辛い日々が続きます。
我が家の熱源はガスなので、夏の料理は暑くて手抜き料理が続きます💦
それならなぜ、ガスを選択したのか?
その理由は、ご飯を土鍋で炊いているから。

炊飯器を使わない生活は、かれこれ10年以上。
慣れてしまえは、炊飯器より早いし、楽チンでおすすめです!
(ちなみにIH対応の土鍋もありますが、ガスで炊くのが好きなんです!)

 

さて、今回は我が家の小さな後悔〜Part2〜です。
以前にも「我が家の後悔」の話をしました。その時の話はこちら▶︎我が家の小さな後悔

 

日々の暮らしを快適にするために、住まいの掃除は必要不可欠なものです。
とはいえ、掃除が好き!と私はなかなか言えません。
なので。
忙しい中でも無理なく自分スタイルで掃除をしています。
例えばレンジフードのお手入れは夏に行います!

 

夏に掃除する理由は。
①高い気温の方が、油汚れを落としやすくしてくれる
② 夏の方が、お湯の温度が下がりにくいし、水仕事は冬より苦ではありません!
お掃除する際、つけ置きしますよね?
お湯を使いますよね!?

 

続いて、掃除方法。

①換気扇のパーツを外す
(整流板・フィルター・シロッコファン)

②大きなビニール袋にお湯を溜めて、つけ置き。
ここで小さな後悔。
それは、整流板がシンクより大きいという事。
出来れば、大きなビニール袋なんか用意せず、シンクにお湯を張り、直接つけ置きしたかった。
もちろんこまめにお手入れをしていれば、大掛かりな事はせずに済むのですが、なかなかそうはいきません。

 

ちなみに我が家のレンジフードはアリアフィーナ。
見た目がスタイリッシュでスッキリとしたデザインが気に入ったから。

誤算でした。
もっと大きなシンクを選択するか、整流板が小さいタイプのレンジフードを選ぶべきでした💦

 

それぞれのサイズはというと。
整流板の寸法
●幅785×奥行430

シンクの寸法
●幅750×奥行420

僅かな差です。
お手入れの事をきちんと考えていなかった事、
とても後悔しています。
アパート生活の時は、整流板がなかった事。
実家はIHの為、さほどレンジフードが汚れない事から、あまり重要視していませんでした。
結構汚れます。ベトベトです。

 


「遠き慮りなき者は必ず近き憂えあり」
とは、この事でした。

 

最後に
お家づくりを考えるなら。
イニシャルコスト
(初期費用)

ランニングコスト
(住み続けてからかかる費用)

きちんと考えましょう!
※イニシャルコスト意識の高い人ほど、「安物買いの銭失い」になりがちなのだとか。

家は、長く住み続けて毎日暮らすことを想像し、長期的な視点で見ることが大切です。
一生に一度の最大の買い物で失敗しないために、ぜひ『賢い家づくり勉強会』参加しませんか?


今月は7/31(土)

家づくりにあたって必要な知識を身につけられます!


今月の参加が難しい場合は、個別勉強会も開催しております!

ご連絡をお待ちしております。
R+house守谷・柏・古河
大石

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ