建築様式

こんにちは、R+HOUSE(アールプラスハウス)守谷(もりや)・柏(かしわ)・古河(こが)の乙戸です!!。

梅雨梅雨まっただ中の今日この頃ですが、皆様どうお過ごしでしょうか?

洗濯物乾かない・・・朝出勤時の雨はダルイ・・・・湿気がイライラする・・・・・

などなど。

 

梅雨って良い事あるの?なんて思っている、私でもあります。

 

そんな梅雨時期でもひそかに楽しみしてる事があります。

皆が寝静まった深夜・・・・こっそりTVつけて・・・・

サッカー観戦・・・・・

 

そうなんですよユーロ2020が始まってるんですよ。

 

 

本当は去年開催予定がコロナの関係で今年の開催。

もう梅雨のムシムシなんて関係ない位に深夜の暗い部屋で熱狂しておりあす。

 

そして明日の朝方には、イタリアVSスペインの準決勝

 

そしてそして明後日の朝方はイングランドVSデンマーク

とても楽しみです。

今回の件で建築様式にも再度確認しております。

よく耳にする様式ですとゴシック建築とかバロック建築やルネサンス建築などなどあります。

特徴として、

ゴシック建築(Gothic Architecture)は、12世紀後半から花開いたフランスを発祥とする建築様式。

バロック建築(Baroque Architecture)は、1590年頃から盛んになった建築様式。建築そのものだけではなく、彫刻や絵画を含めた様々な芸術活動によって空間を構成し、複雑さや多様性を示すことを特徴とする。

ルネサンス建築(ルネサンスけんちく)は、一義的にイタリアフィレンツェ1420年代に始まり、17世紀初頭まで続いた建築様式を指す。古典古代を理想とするルネサンスの建築における表現といえる。 人体比例音楽調和宇宙基本原理とし、ローマ建築の構成を古典主義建築として理論づけた。ルネサンス建築にはじまる古典主義建築の系譜は、後のバロック建築新古典主義建築を通じて継承され、西欧建築の主流であったが、19世紀歴史主義において相対化し、やがて解体した。

他にもいろいろな建築様式があるので是非皆様も参考にしてみて下さい。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ