おいしい野菜が食べたい

こんちには。
R+house守谷・柏・古河の大石です。

 

最近の我が家の休日の過ごし方。
それは、森へ行くこと。

なぜなら。
昆虫採集の時期だから。
子供って、昆虫好きですよね。
既に、15匹のクワガタ捕まえました。

ですが、息子は納得がいかず、全て知人へプレゼント。
なぜ納得がいかないか。
それは『カブトムシ』を狙っているから。
今週末も「いつもの森」確定かも💦

 

そうそう。
森といえば。
先日、当社ガーデナー達に植物を育てる理想の土は「森の土」(団粒構造)と教えてもらいました。

※森林では毎年繰り返し落ち葉、枯れ木などが地表に降り積もり、菌が分解し、土壌微生物間で循環されることで豊かな土壌生態系を作り出しているから。
野菜の風味や栄養、植物の育ちは土壌環境によって変化するそう。

なので、美味しい野菜を作りたいなら、まず土壌改良が必須なんです!
コロナ禍を機に仕事でもプライベートでも、お家ライフを心地よく過ごすための住環境を見直してみませんか!?

 

今回は土壌改良を行なった上でおいしい野菜を作るワンポイント!
※土壌改良に関して詳しく知りたい方は、ガーデナーまで。

当社モデルハウスの菜園コーナーや我が家でも実践し、おいしい野菜が収穫出来ているのでご紹介。

まず、皆さんは
「コンパニオンプランツ」
ってご存知ですか?

コンパニオンプランツとは、一緒に植えると互いに良い影響を与え合う植物同士のことです。

おすすめの組み合わせ
トマト×バジル


(当社実践柏の葉モデルハウス)

 

トマトとバジルの相性が良い点
1.水分調整
▶︎トマトは乾燥に強く、バジルは水を好む性質です。つまり、余分な水分をバジルが吸収する事によりトマトが甘く美味しく育つという訳です。
2.害虫予防
▶︎バジルの香りで害虫を寄せ付けない!
※バジルにも害虫は着くので、完全に除去はできません💦

 

完全無農薬にこだわりたい人に、ぜひオススメです!試してみて下さい!

 

そして今年我が家で試したのがこちら。
・キュウリ×オレガノ
※昨秋グリークオレガノを植え、どんどん増えてきたので今年、キュウリの苗付近に一部植えてみました!
▶︎風味が増して美味しくなった気がします。(採りたては格別!)

 

ちなみに、お隣さんもコンパニオンプランツをしっかり植えてました!
レタス×コールラビ

ちゃっかりコールラビ頂いちゃいました。
とても美味しかったので、今度は自身でも作ってみようと思いました!

 

つづいて
「ミックスガーデン」について

ミックスガーデンとは各種さまざまな種類の野菜や花を混植する事。

つくり方はとっても簡単!
まず、苗選びのプランを立てます。
自分が育てたい植物を決めます。
(食べてみたい植物、育ててみたい植物など、基準は何でもオッケー!)
※気候や土に合ったものを選ぶのがポイントです。

あとはその植物と相性のよい植物を選んで組み合わせしましょう。
その時に、彩りや葉の質感など、見た目でもアクセントとなるように組み合わせすると、見た目がとても美しくなります。
例えば、銅葉と緑葉を交えて植えると、色彩に幅を持たせてくれますよ。

また、植えるときは、背の高い植物が真ん中、背の低い植物が周囲に来るようにすると収穫しやすくなります!
このように、自分なりのオリジナルあふれたキッキンガーデン、とっても楽しいですよ。

何かに夢中でいられる日々を過ごす。
時間の使い方が上手になれる。
そんな暮らし方しませんか?

ご連絡お待ちしております。
R+house守谷・柏・古河
大石

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ