快適に暮らす秘訣

 

皆様こんにちは!!

 

R+house(アールプラスハウス)住宅アドバイザーの湯口です!!

 

 

梅雨の時期、ジメジメしていて過ごしにくい時期になりましたね!

 

 

僕は冷房があまり得意ではないのですが

ジメジメした暑さに耐えきれず、つい冷房や除湿をつけてしまいます。

 

そのため、毎年夏と冬は光熱費がかなりかかってしまいます…。

 

 

皆様もそのようなお悩みはありませんか!?

 

本日はそんなお悩みを解決できる方法についてお話します!!

 

早速ですが、解決方法とはズバリ・・・・・

 

 

高性能な住宅に住むことです!!

 

 

高性能な住宅とは・・・

断熱性能・気密性能がしっかりと機能しているお家の事です!!

 

イメージとしては、「魔法瓶(ポット)のようなお家」ということです。

 

 

 

Amazon|タイガー 魔法瓶 保温 保冷 卓上 ガラス魔法瓶 テーブルポット 0.99L 業務用 PRJ-010P Tiger シルバー|保温卓上ポット オンライン通販

 

 

 

ポットの中にお湯や水を入れ、蓋をしっかりと締めると

ずっと温かかったり、冷たかったりしますよね!?

 

魔法瓶のようなお家だったらどうでしょうか。

すこーし暖房や冷房を付けただけで、

それがずっと保たれるとしたら、電気代がかなりお安くなると思いませんか?

 

このように電気代がお得になり、冷房や暖房が苦手な方でも

快適に過ごせる環境だったらいいですよね♪

 

この快適な環境づくりに必要な断熱と気密ですが、

しっかりと、値で示すことが出来ます。

 

まず、断熱についてはこちら。

 

断熱材は「UA値(外皮平均熱貫流率)」という値で表されます。

 

 

 

最新】UA値ランキング【大手ハウスメーカー】断熱性

 

 

 

「UA値(外皮平均熱貫流率)」とは

「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいか」を表す数値です。

 

建物の「外壁」や「屋根(天井」「床」などの

各部位から逃げる熱量(熱損失量)を外皮面積(外壁・屋根(天井)・床の面積の

合計)で割ったもので、

熱損失量が多いほどUA値が大きなるため、

数値が小さいほど「断熱性能」や「省エネ性能」が高いと言えます!

 

次に気密です。

 

気密は 「C値(相当隙間面積)」という値で表されます。

 

 

 

Q. Q値やC値とは何ですか? 注文住宅を赤穂で建てるなら栄建築にお任せください

 

 

C値は相当隙間面積、

建物の隙間の面積の合計(cm2)を建物の延べ床面積(㎡)で割った値で、

その建物1㎡当たりにどれぐらい隙間があるかを表しています。

 

このC値が小さければ高気密住宅、大きければ低気密住宅になります。

以前は北海道や北東北以外の土地では、

C値の最低基準は5.0とされていましたが、

現在は最低基準の指針はありません。

 

しかし、一般に、高気密住宅と言われる住宅については、1.0以下が目安になります。

 

高気密住宅は、各業者は隙間が減らすために、

気密テープや気密シートを使い、

建材間にも隙間が空かないようにするため、

職人の高い施工技術を必要です。

 

また、建材の大きさや幅を細かい単位まで揃え、

品質のいい窓ガラスやドアを使うなどするため、

商品の技術力も必要になります。

 

つまり、高気密住宅は技術力の高い業者だからこそ実現できることです!

もう一つ、快適な環境づくりに必要な性能があります。

 

それは家の換気をしっかりできるかということ。

 

お家は、断熱・気密・換気のバランスがとれていることが大切なのです。

 

R+houseのお家は快適に過ごせる環境づくりを目指しております。

 

これからの時期はとても体感して頂きやすくなっているので

是非モデルハウスにお越しくださいね!

 

今週はこの辺で!!

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ