.。.:*・゚リモートワークに最適.。.:*・゚デスクスペースに2つの収納を.。.:*・゚

こんにちは!

R+house 守谷・柏・古河の

CADオペレーター佐藤です。

 

梅雨入りし、湿度が高い環境が苦手な

私はとても過ごしにくいこの時期。

気温が高くてもいいからカラッと

快適に過ごしたい!

梅雨明けが待ち遠しいです。

 

コロナ禍で、

リモートワークが増えている昨今、

子供の勉強やパソコン作業を行う

デスクスぺースのニーズは高いです。

 

吊り戸棚とベンチ収納を

効率的に組み合わせて、

省スペースと片付けやすさを両立した

デスクスペースがあったらいいな

と思いませんか?

 

そこで今回は、

吊戸棚とベンチ収納についてのお話です。

 

 

【吊戸棚】

省スペース化を図りやすい

収納の一つです。

デスクスペースの場合は

扉を設けずオープンに。

奥行はA4書籍が余裕をもって

収納できる300mm程度が

使いやすいです。

吊戸棚は、収納物に合わせて

棚板の位置を調整できるため、

棚全体を無駄なく収納に使えます。

狭い空間でも十分な収納力を

持たせることができ、

扉を付ければ中が見えないので

スッキリです。

 

一番のメリットは収納スペースが

増えるということです。

頻繁に使わないものをしまったり、

プリンターなどの大物なども

収納すればスッキリとした印象の

デスクスペースになりますね。

 

ただ、吊戸棚を活用するために

色々なものを

入れたくなりますが、

重量制限があるので

ご注意ください。

吊戸棚の重量制限は

約10kg程度ですが、部材や

メーカーによって異なるため

必ず確認してくださいね。

 

 

【ベンチ収納】

ベンチ収納とは、

ベンチ型のイスの中が

収納になっている家具のこと。

2つの家具が一つに

集約されているので、

コンパクトなおうちでも

設置することができます。

もちろん、

ベンチとしても活用可能なので、

収納ベンチはDIYで

オシャレに作っている方も多く、

人気のアイテムです。

デスクと組み合わせるベンチの下部を

収納にするのも省スペース化に

つながります。

中に仕切りや収納ボックスを活用すると、

さらに収納力をアップさせることが

できますよ。

 

限られた空間を有効に、

省スペースですっきり暮らせたら

いいですね。

 

では!

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ