土の事

こんにちは、R+HOUSE(アールプラスハウス)古河店の乙戸です。

古河展示場のお庭にはハーブや紫陽花や野菜など色々な植栽を植えており、オープン時は何がなんだか判らない状態の植栽達も今ではしっかり実を実らせたりハーブ系は良い香りがしています。

最初は花とかよく判らんです。な状態でしたが、

毎日植栽に水を与えていると植栽の日々の成長がわかるようになりました。

少し前まではレタス。

今はミニトマト。

昨日はミニトマトの枝が横に伸びだしたので縦棒みたいなのに紐で固定してあげて補強しました。これでしっかり上に伸びていく事間違いなしかもです。

さらにちょっと前はハーブ系の畑が伸びに伸びて下の部分(陽があたらない)が腐食してました。のでしっかり除去開始4日位でまたイチゴや葉が急成長し始めてビックリしております。

植栽が異様に育つのが早い様な感じもして土について調べてみました。

やはり肥料や適した黒土などが大きな要素らしいです。そして

肥料でもこれを使っただけで植栽の育ちが良くなるのは、バイオゴールド!!

これを使うと全然違います。ぜひぜひ皆様も試してみて下さい。実は市販でも売ってるのですが、こちらに問い合わせた方が安かったりするらしいですよ!

使用時の注意は5倍に薄めて使用するだけです!!

 

そして

 

土も建築と一緒で色々な試験や呼び方性質などもあるのを知りました。

それはコンシステンシー↓↓↓↓↓↓

 

土のコンシステンシーとは

土の変形の難易を表した言葉で,一般には外力による変形,流動による抵抗の度合いをいう。土のコンシステンシーは含水比に左右され,含水比が減少するにつれて土は液性体,塑性体,半固体,固体へと状態が変化する。それぞれの状態の境界の含水比をそれぞれ液性限界wL,塑性限界wP,収縮限界wS と定義されている。

  1. 液性限界wL:土が塑性体として最小のせん断強さを示す状態にあるときの含水比
  2. 塑性限界wP:土が含水比の減少によって脆くなり,力を加えると亀裂を生じやすく,自由に変形しがたくなるときの含水比
  3. 収縮限界wS:土の含水比をある量以下に減じても体積が減少しない状態にあるときの含水比
  4. 塑性指数IP:液性限界と塑性限界の差(IP=wL-wP)をいい,塑性の度合いを示す。
    塑性状態の含水比の幅が大きい土ほど塑性指数が大きい。

植栽のお世話が土について色々学べる事が出来きました。

ミニトマトもう少しで赤くなるので食べてみます。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ