~こだわりのある家づくり~建築家と共に~⑤光・風を読む~

こんにちは。

R+house (アールプラスハウス) 守谷・柏・古河  技術部 市川です。

 

いつものスポーツの話題から

プロ野球は交流戦が開始されました

コロナ渦で大変なチームもありますが、一丸となって盛り上げてください

今日は阪神に注目、前半戦好調を維持し、首位で通過、そのなかで、一時期けがで離脱しておりましたが、

4番を務める大山選手、個人的に応援しております

 

実は、軟式ですが、同じリトルチーム出身なんです(私のが先輩♪)

 

プロの4番を務める方が身近にいたことほんとビッくりです 阪神の顔となり、頑張ってください

本拠地甲子園では、浜風といわれる独特の風が流れます。

 

当社のある千葉県(ZOZOマリン)もそうですね

風の流れを読み、捕球や打撃を工夫し挑んでいると思います。

 

当社が手掛ける建物は、建築家が風と光を各土地に足を運び、よりよい空間を演出を考えて頂いております(すごい!!)

 

当社の古河モデルを参考に

https://www.well-housing.co.jp/koga

わあ~南に大きな窓って感じですが実は違うんです(こちらは西側)

建築中もこちらが南の感じの設計??って散歩されている方に何回も聞かれました

 

住宅展示場内、方角を考えず見栄えの良い感じに建築されているところもあるようですが、

当社建築家は違います、現地視察、そしてデザイン・光・風・空間etc盛りだくさんです

 

西は、モデルの顔でもあり、入口 ガラス一面の平屋部分西側。

夏の暑い夕方の日差しや高度の低い冬時期の日差しを抑えつつ明るさを演出する軒の深い屋根が

今回は特徴的です

 

南に大きな窓を設け、1年中明るい空間を演出してくれています

夏は高度の高い暑い日差しを遮るため庇やルーバーにて遮蔽しております(今回はルーバーが採用)

一度見ていただくとびっくりしますよ!!

 

庭もGARDENSGRADENで演出 家と庭のつながりが広い空間をもたらしてくれます

プライベート空間はある程度周りからの視線を隠し、

日の光をたくさん利用し、庭とのつながりを感じることのできるモデルハウス

そして風の利用も考えた設計

 

光と風を考えた空間(パッシブ)なモデルハウス。

一度、足をお運び頂けると

建築家の考えが感じられると思います

どこにいても気持ちいい空間です

 

ぜひ、ご予約いただき、ゆっくり楽しんでいただければ幸いです

 

これからの時期は梅雨 他とどう違うか体験にもってこいです

エアコンの位置も比べてもらえるともっとびっくりしますよ

お待ちしております

 

休日の一コマ

先日、叔母よりそら豆をいただきました!!大人になってからの大好物です

空に向かって伸びる豆から空豆、まゆに形が似ていることから蚕豆と書くそうです

 

早速ゆでて、その日のうちに頂きました。ゆでたては最高です♪

我が家では作っていないので、採りたてはなかなかいただけません。。。。。

 

あっ!!そういえば、先日、このようなブログがわが社で発見!!

 

とある方のブログはこちら

https://www.well-housing.co.jp/staffblog/12323.php

次回収穫時期、お待ちしております♪

 

我が家では、苗から植えたトマト

 

息子が種をあちらこちらにこぼした、かぶとなす

光と風をふんだんに感じ、すくすく成長中です

梅雨時期が訪れ仕事的に心配な、技術部 市川でした

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ