紫陽花。

こんにちは。

R+house  柏たなかスタジオの佐藤恭子です。

 

梅雨。。。

ジメジメして、嫌~な時期ではありますが

街のあちこちに色鮮やかな紫陽花が咲く季節でもあり

意外と好きだったりします。

梅雨が明けたら夏っ!と思うと、ワクワクしますしね。

 

 

さて、この紫陽花。

「土」によって花の色が変化するのをご存じですか。

同じ株の花でも、薄紅色になったり、爽やかな青色になったり

グラデーションを創り出す様子はとても神秘的です。

 

 

この色が変わるメカニズムは

土のPH度(酸性度)によるもので

紫陽花には「アントシアニン」とう色素があり

これと、土中に含まれるアルミニウムが結合して

色が変化するとのことです。

 

酸性 ⇒ 青

中性 ⇒ 紫

アルカリ性 ⇒ 赤

 

今年の紫陽花。

土のことを意識して観察するのも楽しいかも。

 

また、紫陽花用の土なるものが販売されているので

もしお庭に紫陽花があるなら、試してみてはいかがですか?

ただ、【アナベル】のように

「アントシアン」を持たない、白い紫陽花や

色が固定されるように改良された品種では

色の変化を楽しむことができませんのであしからず。。。

 

 

最近はさまざまな品種があって

紫陽花の世界、とっても楽しいです♪

 

 

以上、佐藤 恭子でした。

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ