お家の豆知識

こんにちは。

R+house守谷・柏・古河インテリアコーディネーターの富山です。

 

先日古河モデルハウスにバラとその他植栽の植込みのお手伝いに行ってきました。

 

約1か月前に植え込みしたキッチンガーデンがこんな立派になっていました!!

古河モデルハウスに到着し、この成長ぶりに驚きました

 

メインがバラの植え込みであったにも関わらずバラの写真が良く撮れていなかったので

ぜひ古河モデルハウスに足を運んで頂き、ご覧になってください(^^♪

 

ちなみに古河モデルハウスのレタスがぐんぐん成長しており

捨ててしまうのも勿体ないので美味しく頂きました♪

とてもみずみずしくて美味しかったです。

上に乗っかっているルッコラはベランダで育てて大きくなったので

調子に乗って添えてみました(笑)

 

 

今日は「金属サイディング」についてお話しようと思います。

 

近年、新築やリフォームでも注目されている「金属サイディング」。

新築をご検討されている方なら一度は耳にしたことがあるはず。

私が前職のリフォーム会社で働いていた時もご希望されるお客様が多々いらっしゃいました。

 

そもそも金属サイディングとは。

その名の通り金属製の外壁材のことなのですが、

この金属にもいろいろ種類があり

以前はトタンと呼ばれたり、アルミサイディングと呼ばれるものも流行りました。

そして、最近では「ガルバリウム鋼板」が主流になっています。

またアルミサイディングが流行りだした辺りから、断熱材がサイディングに付いてるものが普及し始め、

近年では高性能の素材として、新築やリフォームで取り扱う会社も増えてきました。

写真のように断熱材がしっかり入っているため、お家の断熱性能をさらに高めてくれます。

 

金属ということは錆びるのでは??

と思う方も多くいると思います。

外壁材に敢えて傷をつけ、

外壁が晒されるであろう環境下に置いた場合にどう変化するかという実験もされており、

10年相当、20年相当で大きな変化なく、

錆の発生も見受けられないという実験結果もでているくらい

最近のガルバリウム鋼板は進化しています。

また窯業系サイディングにくらべるとかなり軽量であるため、

地震による建物への負荷も軽減することが可能です。

 

さらに、デザイン性にも優れており素敵なお家に仕上がります。

 

 

ウェルハウジングでは

上記で簡単ではありますがご説明しました金属サイディングが

標準仕様となっておりますので

興味がある方はぜひモデルハウスにご来場ください♪

 

以上、富山でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ