こどもと暮らす

みなさまこんにちは。初めまして。

 

4/20付で入社致しました仲野紗英と申します。

これからどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

さて、私は住宅業界のお仕事は初めてなのですが、

 

実は二年前に家を建てているので住宅関係の知識はこれからですが、

 

家を建てた経験者としては思うことがたくさんあります!

 

 

 

その中でも今日は【こどもとの暮らし】について書きたいと思います。

 こどもとの暮らし

 

家を建てたいと考える時期として、

 

 

 

子供が生まれたから、部屋が狭くなったから・・・

 

 

 

などの理由で家づくりを始める方が多いと思います。

 

 

 

私も実際子供が生まれた頃から家づくりを考え始め、

子供が一歳を迎えるころに家が完成しました。

 

 

 

そして、生活していく中でいくつかの想像していなかった所が見えてきました。

 

 

 

まず予想外だったのが、

 

リビングの隣に子供のおもちゃを置ける部屋を作ったのですが

 

≪子供はそこでは遊んでくれない≫

 

ということです。

 

私は新しい家ではリビングはおもちゃなど置かずに綺麗に保ちたい!

と考えていました。

 

 

しかし、母である私の近くでメインで遊びたいようで、

結局おもちゃや子供のテーブルをリビングに置くことになりました。

 

 

遊び終わったらその都度戻しに行けばいいのではないか?とも思いましたが、

 

12歳だとまだまだ自分では戻せないことが多く

また、忙しい生活の中でパッとだしてパッと片付けられないと

部屋が荒れる原因になることが分かりました。

 

 

実際に生活してみるとこういう想像や自分や家族の過ごし方について考えることが

 

一番大事だなと感じました。

 

 

 

全員のお子様が当てはまるわけではないかと思いますが、

 

我が家の後悔としてはリビングに子供用のスペースを確保すれば

 

良かったなという後悔です。

 

 

 

もう一つは、

 

≪寝室の部屋の形について≫です。

 

 

こちらは逆に良かったポイントなのですが、

 

二人目の子供が生まれてからベッドでは狭くなりマットレスタイプのものに変更しました。

 

 

入口から見て、細長い長方形の部屋になっていて

 

本来はこのように置く予定が、買ったベッドのサイズが合わず、

↓ このように置くこととなりました。笑

 

手前にシングルベッド奥にダブルベッドという風に繋げて敷いているのですが

そのベッドの縦のはばが壁とぴったりで(正確には少し隙間はありますが)

子供が寝がえりで床に落ちる心配が無く、安心して寝かすことができます。

ただし、奥で寝ている夫は通路がないから出づらいとは言っています。。笑

 

 

子供が成長し、別の部屋で寝るときには

ベッドの向きを変えて使う予定ですが

今のところは寝るだけの部屋だし、と逆になんだか落ち着いて眠れています。

 

 

 

その他、住んでから発見した事がたくさんありました。

建築家とつくる家はそういった自分たちだけのライフスタイルに沿って

考えながら作っていくのでとってもいいですよね♪

 

(私ももう一軒建てたいです!)

 

 

 

では、長くなりましたがこの辺で失礼します。

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ