小上がり和室🍵

 

こんにちは!

 

R+house守谷・柏・古河の田中です!

 

今回はタイトルにもある通り

小上がりの和室についてお話致します。

※今回使用しているお写真は、アールプラスハウスの施工事例です

皆様ステキな畳コーナーがあります♪

「本写真画像は全国各地のR+house ネットワーク加盟工務店が施工した物件を撮影したものを同ネットワーク全体の広告宣伝のために使用しているものであり、当該物件が特定の工務店等の施工物件であることを保証するものではありません。」

 

そもそも小上がりの畳とは…

 

その名の通り、

床からすこーし上がっている和室です。

 

そもそも最近のお家では、

和室単体でというのは少なく

LDKの隣などに畳コーナーのようにして

使用されるか、そもそも和室を設けないといったような

お家がが多いかと思います。

 

小上がり畳があると、こんないいことがありますよ!!

 

●LDKになじむ和室になる。

最近はソファーやイスのある生活をお考えの方がほとんどだと思います。

その際に、フラットな畳コーナーだと寝転んだ際に圧迫感を覚えたり、

ソファーやイスに座っている人と目線が合うようになるので

違和感などなく快適な空間として使えます。

くつろぐためにせっかく作ったのに、

圧迫感があったりしてくつろげなかったら悲しいですよね…。

 

●段差に座るなどソファー替わりに使える

床に座った状態から立つよりも、イスや段差に座った状態から立つ方が

楽に立つことが出来ます。

また、お友達が来た際にもイスが足りない!!

何て事もなくなりますね。

 

●収納が増える

出典:http://media-cache-ec0.pinimg.com

小上がりの高さを少し高くしてあげることで、

段差の下に収納を作ることもできます!

デットスペースの活用法としては良いかもしれませんね。

段差をうまく使用することで、可能性は無限大です!

 

小上がり畳はこのようないいところがたくさんありますが

その分デメリットもあります。

 

●小さなお子様を遊ばせるには、少し危険な場合も。

小上がりすると、お子様が段差から落ちてしまう危険性もある為、

余り目が離せくなる可能性もあります…!

間取りによっては、ゲートをつけたりするなどして対策をした方が

良い場合もあります。

 

●お掃除が大変になることも…。

ルンバなどお掃除ロボットを使用するご家庭は

小上がりにしてしまうと、そこだけ自分達で

お掃除しなければなりません!

※ただ、小上がりの段差部分にルンバ基地を作ることはできますね♪

ルンバ基地については住宅アドバイザーの下山が記事を書いておりますので

是非ご覧くださいね♪

ルンバ基地

 

●費用が掛かる

普通の畳と違い、一段高くするため、

その分の費用が掛かります。

いかがでしたでしょうか。

畳の考え方についても様々なご意見があるかと思います。

畳コーナーにするのか、はたまた1室として作るのか

それとも作らないのか…

 

私はフラットタイプも捨てがたいですが、

叶えたいライフスタイルを考えると

小上がりがいいですかね!

 

自分達が今・今後どのような生活を送りたいかを

しっかりと考えることにより

必要なのかそうでないのかの答えが出てくるかと思います。

どんな生活が送りたいか、弊社スタッフと共に

考えてみませんか?

 

皆様のご来場、心よりお待ちしております!

 

それでは!!

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ