縁側~太陽を感じる場所~

皆さん、こんにちは。

R+house守谷・柏店、住宅アドバイザーの下山です。

 

本日は今月よりOPENする古河モデルハウスの

植栽の植え込みをスタッフ全員で行ないました!

 

 

明日も引き続き行ないますが、完成が楽しみです♪

今週の土曜日よりプレオープンとなっており!

 

皆様も是非、足をお運びくださいませ~

 

さて、本日は私の好きな縁側についてご紹介をさせていただきます。

 

縁側のメリットや特徴をご紹介させていただくのですが

 

その前に

 

そもそも縁側ってなに?

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、

まずは縁側とは「なんぞや?」と思っていらっしゃる方のために

縁側とはなにかご説明させていただきます。

 

「縁側」とは?

 

縁側とは和室と外部の間にある広々とした空間のことを指します。

 

 

従来の日本家屋の多くに建物のゆとりのスペースとして縁側が設けられていました。

 

もしかしたら皆様もご実家や祖父母の家等でご覧になったことがある方も

多いのではないでしょうか?

 

縁側は家の中に居ながらも外の季節感を感じられる場所です。

四季の美しい日本では古来より愛され親しまれてきた空間と言えるでしょう。

 

では、そんな縁側スペースがあると、どんなメリットがあるでしょうか?

 

1つ目は、温度調整が可能です。

縁側を設けることにより、夏な室内に日差しが入りにくく、室内温度が上がりにくくなります。

対して、冬は太陽が低いため日差しが斜めに入って来ます。

そのため、室内に太陽の日差しが入り込み、暖かく保つことができます。

 

このように縁側はエアコンを補助する機能として、省エネ効果も期待できるでしょう。

 

2つ目は、家事がしやすくなるという点です。

 

縁側があれば座布団やクッションを干せるため、

日当たりが必要な洗濯物の家事を行う際に非常に便利です。

 

3つ目は、家族や来客の方の団らんスペースになるという点です。

 

縁側があれば、ゆっくりと来客の方と話しをしたり、

休日の家族団らんのスペースとしても利用できます。

 

縁側に腰かけて本を片手にコーヒーまたまた緑茶を一杯。

至福のひと時です。

 

さらに外に面しており季節の変化を感じやすいことから、

小さなお子様にとっては恰好の遊び場にもなるでしょう。

 

また雨の日でも、縁側に居れば雨に濡れずに外の景色を楽しめます。

縁側という空間があることによって家での楽しみ方の幅が広がりますね。

 

そんな素敵な縁側ですが、取り入れる際に注意しなければならないポイントがあります。

 

それはどんな土地にどんな間取りで縁側を取り入れるのかです。

 

縁側の注意点は、防犯やプライバシーの確保が難しいということがあげられます。

解放的な空間であるがゆえに、家に面した道路などからの

視線を遮るための工夫が必要になります。

 

そのため、縁側を検討される際は、まずは家族でなぜ縁側が欲しいのか?

どのように活用をしたいのか良く話し合うことが大切です。

 

なぜなら利用したい生活シーンが決まることで、より理想通りの縁側が完成されるからです。

 

いかがでしたでしょうか?

本日は縁側について簡単にご紹介をさせていただきました。

 

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

皆様の住宅購入のヒントになる発見あれば幸いです。

 

それでは、本日の担当は、住宅アドバイザーの下山でした。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ