ボタニカル インテリア。

こんにちは。

R+house 守谷・柏 ICの佐藤恭子です。

初夏のような暑さも感じる、今日この頃。

夏が近づくと、インテリアを「ボタニカル」なテイストに

模様替えしたくなりませんか?

 

観葉植物を新たに購入したり、

インテリア小物で演出したり。

思い切って、壁紙をチェンジ!

なーんて。笑

 

壁紙はちょっとハードルが高そうですが…

でも、天井が高く大きな空間のあるお家なら

こんな大胆なインテリアもありかなーと思います。

 

ボタニカルな壁紙といえば。。

William Morris(ウィリアムモリス)、1834-1896。

 

植物をモチーフにした壁紙を

数多くデザインしていることで知られています。

 

モリスが最初にデザインした壁紙がこちら。

「トレリス」

モリスが新婚の頃、友人の建築家らと建てた「レッドハウス」。

その家にあったバラの格子垣からインスピレーションを受けて

デザインされたそうです。

 

「お庭の景色をお部屋の中へ。」

そんな想いを、モリスはこの壁紙に込めたのかもしれません。

 

さてさて、

そんな、モリスの壁紙と同じくらい素敵なものをご紹介。

(もしかしたらそれ以上!?)

 

我々がお客さまにご提供している「お庭」です。

デザインを手掛けているのは「GARDENS GARDEN」。

 

その、GARDENS GARDENのロゴがこちら。

 

窓から見える植物や小鳥が、

お部屋の中に、一枚の絵のように切り取られたかのよう。

お庭の大切さを伝えたい。そんな想いを込めて、

素敵なお庭づくりをしています。

 

  “庭” は身近な、小さな自然。

  自然なこころで “庭” と暮らすと

  何気ないしあわせを感じます。

  心咲く、うつくしい毎日を。

  ”EVERYDAY is WONDERFUL.”
    ※GARDESN GARDEN HPより。

 

素敵な「お家づくり」と「お庭づくり」。
ぜひ、私たちと一緒にはじめてみませんか?

 

 

お気軽にご相談くださいね♪

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ