食洗器のある暮らし

 

皆さんこんにちは。

 

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏・古河の田中です。

 

本日は、タイトルにもある用に

食洗器についてご紹介いたします!!

 

最近、食洗器を導入するご家庭が増えているのではないでしょうか。

そんな私も、食洗器は絶対に入れたい派なんです。

理由としては、3つあります。

①洗い物が嫌い、めんどくさい。

②洗い物をしている時間があったら、好きなことをしたい。

③見栄え的に、キッチンに水切りカゴを置きたくない。

 

そんな楽をお金で買いたい私にピッタリな食洗機を探して探して探して…

いいなと思える商品がいくつかあったのでご紹介いたします!

 

まずは大人気のあの商品

「ミーレの食洗器」

参照:LIXIL | ミーレ食洗機

何と言ってもこの大容量。

鍋もすっぽり入ってしまうので、朝から晩までの食器が一気に片付きます。

何て魅力的なのでしょう…。

また、カラトリー専用籠もある為それ通りに並べれば

スプーンの一部が洗えていない…

なんてこともなく、全てきれいに洗えます!

 

続きましてコチラ!

「AEG 食洗器」

参照:コンフォートリフト&エアドライ 60cm幅 食器洗浄機 – FEE93810PM | AEG (aeg-jp.com)

私は食洗器を調べてて初めて知った商品ですが

皆さんはご存知ですか??

私的この商品の一押しは、

リフトアップする籠です!!

文章でご説明が難しいので、詳しくは下記URLよりトップの動画をご覧ください。

食器洗い機 | AEG (aeg-jp.com)

大型の食洗器の場合、下の部分に食器を入れる時、

いちいちかがまなければならないので

ちょっと大変かな…と思っていた矢先、私はこれを見た時感動しました…。

ミーレ並みの大容量なので、収納力も問題なし!!

 

日本製だとパナソニックの食洗器がおススメみたいですが

私的には鍋も一緒に洗いたいので、

大は小を兼ねるで海外製のどちらかがいいかなーと考えてます。

 

このようにミーレやAEGの食洗器は日本製の食洗器とは違い、

大容量が魅力的です。

日本製と海外製では、乾燥のさせ方に違いがあります。

日本製は乾燥機付きの食洗機が多いので、

乾燥機の機械を入れる分食器の容量がどうしても小さくなってしまいます。

一方、海外製の食洗器は余熱式という乾燥方法になるので、

乾燥機分を食器に空間を費やせることが出来ます。

 

正直、乾燥機付きの方が魅力的ではありますが

おおざっぱな私としては、余熱式でも特に問題ないかな~という感じですので

やっぱり海外製がいいです!!

 

余熱式なので、やはり茶碗の後ろの溝に水が少したまっていたり

引き出し型ではないので、水が少し床に垂れたりとするみたいなので

そのようなことがとても気になる方にはもしかしたら向かないかもしれません…。

※キッチンをタイルにしたり、キッチンマットを敷けばいいかもしれませんね!!

 

弊社ではどの食洗器がいいのか

どんなキッチンにしたいかという理想を形にしてくれる

スーパーインテリアコーディネーターがおりますので、

是非お打ち合わせの際にご相談してみてくださいね♪

 

また、ミーレやAEGの食洗器が見れるショールームも東京にございますので

是非行ってみてください!!

 

後悔しない家づくりが出来るように、

スタッフ一同お力添えさせて頂きますので

どんなことでも構いませんので、是非ご相談くださいね!!

 

それでは!

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ