と う と う

こんにちは R+house (アールプラスハウス)守谷・柏・古河    技術部 吉留です

 

明日は 東日本大震災から10年となります

10年たっても まだまだ復興が進んでいない状況です

被害の大きさが それだけ甚大だった事を物語っています

より早い復興を祈念致します

 

 

先月は大きな地震もあり 我が家では防災グッズをようやく準備しました

 

ものすごい防災セット

LA・PITA® Emergency  Kitを購入しました

選んだ決め手は 「防災士監修」と「どんな持ち方でも持ち運べる」でした

 

①逃げ出すときに背負う時間がもったいないので手持ちして家を出る

②離れたら道路に亀裂や落下物が無ければキャリーとして転がす

③転がせない場所では背負う

でした

 

家族3人なので 3人分を2つのバッグにバランスよく分けられています

非常の際には 私と息子で持ち出そうと思います

 

使う機会が無ければ 一番ですが・・・

 

我が家の 防災対策(倒壊しなければ)ですが

①太陽光発電で昼間の電気使用可能

②エコキュートのタンク水を使用してトイレの排水や簡単な洗濯可能

③ウォーターサーバーのストック水で飲料水確保

④缶詰など長期保存できるものをなるべくストック

⑤カセットボンベとコンロの常備

などなど

 

少しでも日頃からの備えを心がけています

 

一度に準備すると結構お金が掛かるので 日頃から準備しておくと

良いかと思います

 

建築基準法では一番最初 第一条に

建築物の敷地、構造、設備及び用途に関する最低の基準を定めて、

国民の生命、健康及び財産の保護を図り、

もつて公共の福祉の増進に資することを目的とする

と有ります

建築基準法は最低の基準を定めているにすぎません

それよりなにより 倒壊を遅らせ生命を保護する事が最大の

目的となっています

 

R+houseでは 全棟 構造計算を実施しています

 

耐震等級 1:建築基準法通り(前記の最低の基準)

等級 2:基準法の1.25倍

等級 3:基準法の1.5倍となっています

 

備えあれば 憂いなし

 

技術部 吉留でした

 

 

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ