身体にやさしいメンテナンス♪

こんにちは。R+house守谷・柏コーディネーター内田です。

昨日お休みを頂き、主人の実家に行ってまいりました。

 

農家を営んでいるのですが、2年半ほど前の台風被害でハウスが全滅しました。

全て解体・撤去し、昨年中になんとか半分は復旧したのですが、今年は苗を昨年より多く植えないといけなくなり、3つ追加でつくりました。

 

 

 

私がお手伝いに行った時には、既に枠組みは完了していて、ビニールを張る作業をいたしました。

 

 

 

これがまた大変です。大人6名で行ったのですが…

ビニールをかけた時に剥がれたり、よれたりしない様にビニール紐を使って止めていきます。

 

用途によって結び方が異なり、頭でっかちな私は、理解をするまでかなりの時間を要しました。

普段、力仕事をほとんどしないため、早い段階で筋肉痛になり午前中の作業でクタクタでした。

 

 

 

 

しかし、暗くなるまでになんとか3棟完成できました!

ビニールの張替え作業は、2~3年に1度実施しているみたいで2年後にまた駆り出されると思うと・・・笑

 

 

作業は大変でバテバテでしたが、休憩の時にふと発見したヒヤシンスとチューリップの芽や

 

 

 

 

 

梅の花が開花しているのを見ると癒されて、とにかく敷地が大自然なのでリフレッシュにもなりました。

 

私は初めてのお手伝いだったのですが、改めてメンテナンスの重要性を感じました。

 

 

 

メンテナンスといえば、弊社ウェルハウジングでは「無垢のフローリング」を標準採用としております!!

 

(沼南モデルハウス https://www.well-housing.co.jp/kashiwashonan

 

 

(守谷モデルハウス https://www.well-housing.co.jp/moriya /野秋 達也撮影)

 

 

(柏の葉モデルハウス https://www.well-housing.co.jp/kashiwakita 

 

メンテナンスを考慮すると、定期的な塗り直しが必要ですが

木そのものの風合いやぬくもり、また天然木ならではの経年変化を楽しめるのが何とも言えない特徴です。

 

「おうち時間」も増えて、お家に「居心地の良さ」を求める/重要視される方がより増えています!

 

手入れは必要ですが、植物と同じで手入れをすると愛着が湧きます。

そして、手入れをすることで「よりお家を大切にする」ようになります。

 

 

 

ウェルハウジングでは、無垢フローリングのメンテナンスにお米から生まれた自然塗料の「キヌカ」をおすすめしております。

 

 

 

キヌカは、溶剤を使用せず、米糠から抽出した油脂分と天然素材だけを使い、
無臭で「赤ちゃんが舐めても大丈夫!」な塗料として最高レベルの安全・安心を備えた日本生まれの自然塗料(米ぬか塗料)です。
裸足で暮らす日本人の生活に最適な木の温もりや素材を感じる事が出来る無臭で安心な塗料です。
ぜひ、ご自身の大切なおうちのメンテナンスに使う材料も、体に優しいものにこだわって頂ければと思います(^^♪

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ