色彩と空間

 

 

皆様こんにちは!!

 

R+house(アールプラスハウス)守谷・柏店 住宅アドバイザー湯口です!!

 

まだまだ寒さの残る季節が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

本日のブログでは、

 

 

 

 

についてブログを書きたいと思います!!

 

 

家づくりを進めていく中で、

 

モデルハウスやオーナー様宅(完成見学会)を1度はご見学されるかと思います。

 

その際に、

 

「○○坪とは思えない!!」

 

「実際の坪数や畳数より広く感じるな~」

 

等と思うことがあるかもしれません。

 

それは、錯覚が起きているからです。

 

下の図は、みなさんもよく見たことがある錯覚の図形ですが、

 

 

 

 

 

 

これはミュラー・リアーの錯視(錯覚)とよばれる図形で、

 

同じ長さの棒に向きの違う矢印を付けただけで、長さが違って見える視覚のトリックの1つです。

 

このような視覚のトリックは、じつは住まいづくりにも活かす事ができます!!

 

今回は、視覚的な工夫を用いて部屋を広く見せることが出来る事例を2つご紹介いたします!!

 

 

 

1:色の工夫

 

色の明度(明るさの事)と彩度(鮮やかさ)についてです。

 

※明度とは「明るい」と「暗い」を表現し、より明るい場合を明度が高い、より暗い場合を明度が低いと表現します。

 

※彩度とは「鮮やかさ感」と「くすんだ感」を表現し、より鮮やかな場合を彩度が高い、よりくすんだ場合を彩度が低いと表現します。

 

 

 

 

 

 

下が広く見えたと思いますが、これは上よりも下の方が明度、彩度とも高いのが理由です。

逆に上は、明度は低く、彩度も低いので下に比べて一般的に広がりを感じません。

 

ぎゅっと締まった感じに見えるので、広く見える・感じさせるには、下の方が効果的な色合いになります。

 

正面の壁面の色も実際は同じ色合いですが、床・天井が暗い事で壁面も暗く感じることかと思います!!

 

 

 

2:内部建具

 

・天井がつながって見える事(視線を遮らない)で、広く感じます。

 

下記天井面がつながって見えることで、視線が途切れない効果を生み出す建具です。

 

 

 

A                    B

 

 

 

AとBでは、Bの天井までの高さの建具(更に建具の枠が無い)の方が、天井と建具の間に壁がある場合よりも広がりを感じます。

 

 

 

皆さんも錯覚を体験していただけましたでしょうか!?

 

 

R+houseの場合は、建築家×インテリアコーディネーターの2者が組み合わさることで、

 

より空間的に広く感じる家づくりを得意としています!!

 

是非、モデルハウスに足を運んでいただき、

 

「空間の錯覚」を体験してみてください!!

 

今週はこの辺で!!

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ