「床」冷たくないんです

皆さん、こんにちは。

R+house守谷・柏店、住宅アドバイザーの下山です。

 

本日は冷たい風と雨でとても冷える一日でした。

 

こんな寒い日だと

皆様、足は冷えていませんか?

 

足に触れている床、冷たくありませんか?

 

この時期、自宅では靴下とスリッパを常備されている皆様!

 

「足が冷えやすいから床暖房は必須ね・・・」と

 

お考えの皆様

 

床暖房を入れなくても、床が冷たくならない方法があるって

ご存じですか?

 

本日は、設備に頼らなくても床が底冷えしない施工方法がありますので

そちらをご紹介させていただきます。

 

さて、皆様

 

「 基礎断熱 」 って聞いたことございますか?

 

 

 

~ 基礎断熱とは? ~

 

床下の空間を完全に塞ぎ、床下に断熱材を施行せず、建物の外周に面した基礎立ち上がりに

板状の断熱材を施行し、床下換気口を設けない方法です。

こちらは、床下の基礎のコンクリート部分までを室内の温度環境に近づけ、室内と基礎を同じ空間として考える工法です。

 

 

一般的に採用されている床断熱(床下断熱)もありますが、

こちらの断熱方法をお選びになると

「うちの床冷たいね、床暖房を入れれば良かった~」というように

後悔してしまう可能性があります。

 

 

なぜか?

それは、断熱材の特性です。

 

実は

 

断熱材は長期間、冷気もしくは暖気にふれていると断熱材自体が冷たく(暖かく)なってしまうという特徴があるんです。

つまり、床下の断熱材の下を流れる冷気や暖気に断熱材が耐えられなくなり、

その上の床板も外気の影響を受けてしまうのです。

 

その結果、住宅会社から足元が寒いので床暖房を進められるなんてこともあるようです。

床暖房ももちろん素敵ですが、導入するとなるとコストや維持費がかかりますので

悩むところですよね。

 

快適さを優先させるか?

 

お金を節約するか?

 

悩んだ方は、是非今の時期に

基礎断熱の家を体感してください。

 

果たして足元は冷えているのか?

 

基礎の素材であるコンクリートには蓄熱作用が高いというメリットがあります。

さらに、地下2m〜3mの温度は、年間を通して13℃~15℃です。地表だと冬は8℃、夏は16℃~17℃になります。

つまり、コンクリートを通して冬は暖気。夏は冷気を取り入れることができるのです。

 

このように、地熱エネルギーを活用できるというのも基礎断熱の良いところです。

 

日本の住宅より住宅性能基準が高い欧米では、この基礎断熱がメインで採用されております。

 

是非、一度基礎断熱の家は足元は冷えないのか?

というのを確かめてみてください。

 

弊社はすべてのモデルハウスで基礎断熱を採用させていただいております。

ご興味のある方は是非、弊社のモデルハウスに足をお運びくださいませ。

 

「え!床暖房ついていないんですか!?」

と驚きのお言葉をいただきます。

 

スタッフ一同、皆様のご来場をお待ちしております。

 

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

本日の担当は、住宅アドバイザーの下山でした。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ