花のある暮らし

こんにちは。

R+house守谷・柏 のコーディネーター 佐藤です。

 

「コロナ禍」の中、寒さも本格的になってきて、

心身共にカサつき、潤い不足になりがちですよね。

そんな時は、お花を飾って心を潤しましょう。

お花屋さんへ足を運ぶのも良いですし、お庭に咲いたお花を摘んできても。

ぜひみなさんも、インテリアにお花を加えてみませんか?

 

テーブルウェアとコーディネートしてみたり、

リビングのアクセントカラーに加えても素敵。

キッチンに飾れば毎日のお料理が楽しくなりそう。

お花屋さんに行くのが面倒なら、

スーパーなどで販売されているパック花を、

お買い物のついでに購入するのも良いと思います。

(私はよく利用しています。)

パック花と言えば、

スーパーではありませんが、銀座ユニクロにあるUNIQLO FLOWERS。

リーズナブルでオシャレなお花がパックで売られていて、

最近の私のお気に入りです。

 

またここ数年は、お花を定期的に届けてくれるサブスク的なサービスもあり、

手軽にお花を楽しめるようになってきていますね。

 

とはいえ、お花というと、

「誕生日や記念日にプレゼントするもの」。

そんなイメージを持たれている方も、未だ少なくないと思います。

ぜひ日常に、自分用に、お花を取り入れてほしいと思います。

生花はすぐに枯れてしまうからちょっと…。

そんな方には、「生花」よりも長く楽しめるドライフラワーはいかがですか。

(潤い感は、かなり減ってしまいますが…汗)

ドライフラワーは、インテリアのひとつとして欠かせないアイテムに。

生花と同じように、花瓶にさしてテーブルに飾ったり、

逆さにして、壁にかけたり。(これなら簡単!)

クリスマスの季節に限らずリースを飾るのも素敵です。

スワッグも人気のアイテムですね。

我が家の玄関ドアにはクリスマスやお正月など、スワッグを飾ります。

 

そういえば!!

弊社のGardensGardenのイベントでも、スワッグ作りを開催し、

ラベンダーの可愛いスワッグをみんなで作りました。

 

今後も、お花やグリーンを使った楽しいイベントを企画していきますので、

ご興味のある方はぜひ参加してください。

次の開催は、緊急事態宣言の発令を受け、少し先になりそうですが(涙)、

楽しみにしていてくださーい♪

 

ではでは。

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ