全集中!!

こんにちは。R+house(アールプラスハウス)守谷・柏店、住宅アドバイザーの鹿野です。

 

本日1月11日は鏡開きになります!

 

お家に飾っていた鏡餅を下げて食べる日となっております。

 

神仏に感謝し、また無病息災などを祈って、汁粉や雑煮などで食します。

 

武家では鏡餅を刃物で切ることは切腹を連想させるため、手や木槌で割る風習がありました。

 

また、「切る」「割る」という言葉は避けて「開く」という言葉が使われました。

 

商家では新年の初めに蔵を開いて商売繁盛を祈る行事をこの日に行います。

 

「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味します。

 

鏡餅の割れ方で占いをする地域もあり、「鏡餅の割れが多ければ豊作」と言われています。

 

 

さてさて、あっという間にお正月も過ぎましたね。

 

皆様は年末年始をどのように過ごされましたでしょうか?

 

普段は長い連休がほとんどないため、ここぞとばかりに羽を伸ばさせて頂きました。

 

年末にはもんじゃ焼きが食べたくなり、月島に行きました。

 

もんじゃにチーズの組合せは最高でした!

 

その後も、ブラブラと食べ歩き・・・。

 

またもや思い付きで、今度は浅草寺に。

 

前職ではアルミ製建具の製造会社の営業をしていたのですが、

 

その際に寺務所に納品し、工事したことを懐かしく思います。

 

寺務所にはお坊さんや職員さんがおり、関係者以外は立ち入り禁止となっています。

 

浅草寺の近くには「浅草花やしき」があります。

 

関東に住んで20年近くになりますが、初めて行きました。

 

中の狭い敷地の中に遊園地の乗り物がいくつもありました。

 

ただ、古風な街並みに聞こえるジェットコースターの機械音には若干の違和感を感じましたが・・・。

 

さて、お正月といえば「おせち」。漢字では「御節」と書きます。

 

御節とは、季節の変わり目(=節)の大切な日(=節日)をお祝いする行事(=節供、節句、節会)のために、

 

神様にお供えする料理(=節供料理)という意の「御節供(おせちく)」を略したものだそうです。

 

コロナの影響で我慢していた映画も観客数の制限を受けつつも見に行き、

 

それに感化され、ゲームコーナーで何年振りかのUFOキャッチャー・・・。

500円かけてGET!

 

という訳で、今年も素敵な家づくりに「全集中」で励んで参ります!

 

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ