乾燥する季節に欠かせない「○○」

こんにちは。

コーディネーターの新井です。

 

 

いよいよ冬。

寒さの厳しい日が多くなってきました。

 

それに伴いやっかいなのが「乾燥」。

特に12~2月はもっとも湿度が下がり、

50%以下になる日もあるそう。

 

 

人間の肌にとっても、乾燥は大敵です。

しっかりスキンケアをしていても

ピキピキ乾いていくのは辛いですよね。

 

 

簡単な乾燥対策としていくつかご紹介します。

 

大切なのは、室内の湿度を管理すること。

 

冬場はエアコンをつけて過ごすことが多い時期。

しかし、エアコンだけだとどんどんと湿度が下がり、

気が付いたら20%以下なんてことも。

 

特にR+house のお家は、

気密性が高い反面

乾燥しやすいという点もございます。

 

おすすめの対策が、

「洗濯物を干す」こと。

乾燥対策にもなりますし、

洗濯物も乾くので一石二鳥です。

 

また、加湿器の設置もおすすめしております。

出展:https://www.balmuda.com/jp/rain/

 

最近の加湿器は

おしゃれで、インテリアとしても映えるものも多い印象です。

 

 

 

また、観葉植物を取り入れるのも乾燥対策に繋がります。

 

植物は、根から水分を吸収し、

「蒸散」して空気中に放出する働きがあります。

 

きちんと水やりや手入れをすれば、

植物のある暮らしの中で乾燥対策も行えますね。

 

 

しかし、植物も人間と同じで

水分がないとどんどん元気がなくなってしまいます。

 

柏たなかスタジオの植物、

少し水やりのスパンが空いてしまい、気づいたらしおれていました・・・

 

すぐにお水をあげると、

よかった!元気になりました。

 

 

大きな植物も同じです。

こちらスタッフもお気に入りの「サンユウカ」。

葉が下に垂れて、

「水をくれ・・・」と声が聞こえてきそうです。

 

 

 

こちらもしっかりお水をあげました。

葉がピンとして、一安心。

 

 

 

植物にとっても、人間にとっても

乾燥対策の大前提として、

「きちんと水分を取ること」が大切です。

 

体内に水分がなくなると、

どんなに室内の湿度管理をしても乾燥に負けてしまいます。

 

 

私は1日2リットル、

常温の水を飲むように心がけています。

 

 

皆様も、これからの季節

しっかりと乾燥対策をして過ごしましょうね!

 

 

R+house 守谷・柏

インテリアコーディネーター 新井

 

 

こんな記事も読まれています

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

R+house守谷・柏・古河からお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
家づくりのヒント
施工事例
採用情報
Topへ