私たち工務店の最も大切な仕事とは?

私たち工務店の最も大切な仕事
それは、建てた後のサポートです。

本当の家の価値とは?
本当の家のよさとは?
本当の家の性能(パフォーマンス)とは?

新しい家をお引き渡しする時のお施主様の笑顔。
何度、経験しても感動の瞬間です。

家づくりに関わった私たちは、
「この仕事をしていてよかった」
「ずっと、お幸せに暮らしてください」
と願います。

そして、私たちは建てた後も大きな責任を背負います。
なぜならば、
工務店の最も大切な仕事は、
その家でお客様が、
ずっと安心して暮らせるようにフォローすることだからです。

家本来の性能(パフォーマンス)とは?

住宅は、お客様にとって最大の資産の一つでしょう。

住宅への投資は、
その家での生活と過ごす時間への投資だからです。

もしその家に60年住む計画であればこそ、

を大切にしてください。

本来の家の性能(パフォーマンス)が高ければ、
トータルで住宅にかかる資金は低くなります。

住宅を建てる本来の目的は、建てるきっかけ・動機を全うすることです。
「家族と楽しく暮らしたい…」
「ずっとこの地域に住みたい…」
「子どもに残せる家を建てたい・・・」
「建てた後にお金がかからないようにしたい・・・」

私たちウェルハウジングは、
老後のための資金をリフォームに投資することだけは避けていただきたいと思っています。

そうです。
工務店の最も大切な仕事である建てた後のサポートとは、
20年、30年、40年、50年後も価値がある家を建てることです。
それが、地場工務店の最低限の使命です。

海外研修で学んだこと。
「なぜ先進国なのに豊かではないのか?」

私は、最新の建築技術を学ぶため、
定期的に家づくり先進国に研修に出かけています。
そして、悲しい経験をしました。

住宅先進国では、
日本に比べると国民の平均収入も低く、
物価も安くはありません。

それなのに、
家を建てて豊かに暮らしているのです。

ところが、日本の現状はというと。
若い世代が一生懸命に働いても
収入の30~40%が住宅ローンに消え
「大変だ…、大変だ…。」と嘆いているのです。

私が58歳の時でした。
家づくりをしていく中で、お客様を見ていて感じました。

初期費用ばかりを気にしていると、ゆくゆくは、もっと大変な思いをするのではないだろうか…。

賃貸住宅で月々の家賃が8万円ならば、光熱費を入れて10万円以上はかかる。
しかし賃貸住宅のメンテナンス費用は、大家さんが負担する。

けれど、自分で建てた家は、メンテナンス費用も自身の負担となる。
将来のメンテナンス費用を考えずに家を建てているから、初期費用が安く住宅寿命が27年の住宅を建ててしまっているのでは?

だからこそ、私たちウェルハウジングでは、
家を建てた、60年後に、
「私たちの将来を考えて建ててくれた!」
「ありがとう」
と言われる家をつくりたいのです。

私たちは、外壁材に、できるかぎりサイディングを使用しません。
外壁材として、サイディングなどの工業用品はとても便利です。
しかし、約10年毎にメンテナンス費用がかかります。

そこで、私たちは外壁のメンテナンスまでの期間が20年、30年後になる外壁材をお勧めします。

当たり前のことです。
その当たり前の家を建てるのに、初期費用が少し高くなります。

しかし、工夫すると初期費用を抑えた家づくりが出来ます。
それがウェルハウジングの家づくりのコンセプトです。

  1. お客様の暮らしに合わせて建築家がつくるデザイン
  2. 無駄なコストを省きながら、長持ちする家をつくる
  3. 徹底した職人の教育による、高い施工技術で作られる家

住まいの快適な性能とは
単に優れた機械を付ければ叶うということではありません。
高い技術を持った職人が、匠の心でつくる家は
機械以上の性能を持って完成します。

ランニングコストが低い家。
床下と天井の温度差が2度以下の健康に暮らせる家。
オシャレな家で住む街が美しくなる家。
住む家族が、末永く幸せを感じる家。

お客様の今と未来の幸せこそが、
私たちウェルハウジングの家づくりの考え方の基本です。

お引き渡し後のメンテナンスにつきましては
こちらのページをご覧ください。

住んでからも安心のメンテナンス

ご相談・モデルハウス見学・家づくり勉強会をご希望の方へ
詳しくはこちらから

ウェルハウジングからお知らせいろいろ

はじめての家づくり
家づくりの流れ
アトリエ建築家がデザインする家
地震に強く性能の高い家
私たち工務店の最も大切な仕事とは?
無駄なコストを省く工夫
家づくり勉強会に参加する
モデルハウスを見学する
スタッフ紹介
職人紹介
施工事例
採用情報
Topへ